水泳をすると眠くなる理由は?

水泳をすると眠くなる理由は?

水泳をすると眠くなる理由は?

水泳をした後、眠くなった経験はなかったでしょうか。今回は水泳後に眠くなる原因とその対処方法をご紹介いたします。

 

1.疲労の蓄積

水泳は陸上運動の4倍のカロリーを消費するため、体力の消耗が激しいスポーツです。そのため、疲労の蓄積が早いため、眠くなります。人間は疲れを感じると休息を必要とし、睡眠を取るように脳が指令を出します。

 

2.体温が上下するため

人間は夜になると眠くなります。これは体温が下がることにより誘発されるとされています。水泳は水中のスポーツですので、陸上スポーツに比べて、体温が下がりやすい傾向にあります。先に説明した疲労の蓄積と体温の低下により、眠たくなるとされています。

 

3.予防方法について

そもそも人間の生理的反応が原因とされていますので、万全の対策はありません。水泳を始める前に食事や睡眠に気を配る、顔を洗う、目薬を使う、カフェイン(コーヒーやお茶など)を取るなどをして、眠くなることを防ぎましょう。

 

いかがでしたか。水泳に取り組む方にとって、眠くなることは避けられないと言っても良いでしょう。しかし、それは決して悪いことではなく、身体が休息を求めているサインでもあります。眠たくなったときは無理をせず、睡眠を取るようにしましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳で怪我を予防する方法は?
水泳は地上の協議に比べて、身体にかかる負荷は少ないですが、全く怪我をしないわけではありません。今回は水泳での怪我予防について、ご紹介いたします。
水泳でコンタクト使用はゴーグル着用でも危ない?
水泳をされている方でコンタクトレンズをされている方も多いのではないでしょうか。水泳時にコンタクトレンズをしても問題はないのか。ご紹介いたします。
水泳をすると吐き気がする原因は?
水泳をしていると極まれに吐き気を催すことがあります。今回は水泳で起こる吐き気について、ご紹介いたします。
水泳をするとなぜ鼻水が止まらない?
水泳をすると鼻水が止まらなくなった経験があると思います。今回はなぜ水泳で鼻水が止まらないのかをお伝えいたします。
水泳時の頭痛の原因と対策
水泳をしていたときに頭痛が起きて、悩まされたという方も多いのではないでしょうか。その原因と対策について、ご紹介いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ