水泳をするとなぜ鼻水が止まらない?

水泳をするとなぜ鼻水が止まらない?

水泳をするとなぜ鼻水が止まらない?

水泳をすると鼻水が止まらなくなった経験があると思います。今回はなぜ水泳で鼻水が止まらないのかをお伝えいたします。

 

1.異物を排出

鼻水は呼吸で取り込んだ異物を排出するために分泌されます。それは水も例外ではありません。水泳をするとどうしても鼻に水が入ることがあります。鼻は急に入ってきた水を異物と認識し、排出するために鼻水を分泌します。

 

2.塩素アレルギーの疑い

水泳をする方は市民プールやスイミングスクールで行う方が多いと思います。このプールには菌が繁殖しないように塩素を入れています。この塩素は人によってはアレルギーを引き起こし、身体の粘膜で一番触れやすい鼻が防衛本能として鼻水を分泌しているのではないかと思われます。お医者さんに相談すれば、塩素アレルギーを緩和する薬を処方していただけます。

 

3.鼻栓で予防

鼻に水が入ることを防ぐ手段として、鼻栓があります。水が入ることを直接防ぐため、鼻水をとめることができます。しかし、鼻が閉じている分、呼吸がしにくいというデメリットがあります。口のみで息を吸ったり、吐いたりすることは今までのリズムが狂う可能性がありますが、慣れると問題ないとのことです。

 

いかがでしたか。水泳をしている間は鼻水とは切っても切れない関係性です。自分にあった対策方法を実施しましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳で怪我を予防する方法は?
水泳は地上の協議に比べて、身体にかかる負荷は少ないですが、全く怪我をしないわけではありません。今回は水泳での怪我予防について、ご紹介いたします。
水泳でコンタクト使用はゴーグル着用でも危ない?
水泳をされている方でコンタクトレンズをされている方も多いのではないでしょうか。水泳時にコンタクトレンズをしても問題はないのか。ご紹介いたします。
水泳をすると眠くなる理由は?
水泳をした後、眠くなった経験はなかったでしょうか。今回は水泳後に眠くなる原因とその対処方法をご紹介いたします。
水泳をすると吐き気がする原因は?
水泳をしていると極まれに吐き気を催すことがあります。今回は水泳で起こる吐き気について、ご紹介いたします。
水泳時の頭痛の原因と対策
水泳をしていたときに頭痛が起きて、悩まされたという方も多いのではないでしょうか。その原因と対策について、ご紹介いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ