水泳で怪我を予防する方法は?

水泳で怪我を予防する方法は?

水泳で怪我を予防する方法は?

水泳は地上の協議に比べて、身体にかかる負荷は少ないですが、全く怪我をしないわけではありません。今回は水泳での怪我予防について、ご紹介いたします。

 

1.水泳では関節が怪我をしやすい

水泳は関節の大きな動きを必要とするため、関節の痛みを訴える方が多いです。特に骨がこすれて、炎症が起こることが多く、その原因は関節の柔軟性が低いが挙げられます。そのため、怪我の予防として、関節の柔軟性を高める必要があります。

 

2.動的ストレッチが有効

関節の怪我の防止として、動的ストレッチが有効です。動的ストレッチとは関節をしっかり動かすことにより、末梢(まっしょう)の筋肉へ神経伝達がしやすく、筋肉が温まりやすくなります。そのため、関節も柔軟になる傾向があります。

 

3.自己流は避ける

水泳における怪我の予防を行う場合は自己流を避けましょう。関節の柔軟性は個人によって、大きく異なるため、一人ひとりに合った予防をしないと逆効果になる可能性があります。また、関節が柔らかくなった方は地上では怪我をしやすいので、注意してください。

 

いかがでしたか。水泳は地上と違って、関節の柔軟性が必要とされます。怪我をしないようにしっかりと予防しましょう。

水泳後の頭痛の原因

皆さんご存知でしょうか、水泳をすると頭が痛くなるという悩みは実は非常に多いんです。中にはまったくならない人もいるようですが、この頭痛の原因とは一体なんのでしょうか。またその対策などはあるのでしょうか。

無酸素運動

頭痛の原因で一番よく言われるのが無酸素運動の影響です。水の中ではある程度息を留めながら運動するわけですから無酸素運動といえます。これにより血中の酸素が減ることで頭痛になると言われています。これが原因の場合は、息継ぎの仕方を整えて、正しい呼吸を身につけることで改善することがあります。

血圧の変化

プールに深く潜ったりすると血圧が上昇しやすくなるなり、プールから出ると血圧は下降します。この急な血圧の上下が頭痛の原因になるケースがあります。これは個人差があるので一概には言えませんが、しっかりと準備運動をして入って、プールからでた後はすぐに休まず整理運動を行うことで防止できるケースもあります。

普段の運動不足

日頃運動不足なのにいきなり激しい運動をすると、筋肉痛が原因で頭痛に至る場合もあります。これは普段から運動することにより改善しますが、継続的に取り組まないとまた同様の状態になってしまうでしょう。

 

原因はこれだけではありませんが、いずれにしてもしっかりウォーミングアップを行い、日頃から水泳に取り組んでいれば改善する場合がほとんどです。これから水泳を頑張ろうという方は、頭痛がするからと億劫にならずに、継続して泳ぐようにする習慣をつけるようにしましょう。
<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳でコンタクト使用はゴーグル着用でも危ない?
水泳をされている方でコンタクトレンズをされている方も多いのではないでしょうか。水泳時にコンタクトレンズをしても問題はないのか。ご紹介いたします。
水泳をすると眠くなる理由は?
水泳をした後、眠くなった経験はなかったでしょうか。今回は水泳後に眠くなる原因とその対処方法をご紹介いたします。
水泳をすると吐き気がする原因は?
水泳をしていると極まれに吐き気を催すことがあります。今回は水泳で起こる吐き気について、ご紹介いたします。
水泳をするとなぜ鼻水が止まらない?
水泳をすると鼻水が止まらなくなった経験があると思います。今回はなぜ水泳で鼻水が止まらないのかをお伝えいたします。
水泳時の頭痛の原因と対策
水泳をしていたときに頭痛が起きて、悩まされたという方も多いのではないでしょうか。その原因と対策について、ご紹介いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ