水泳でコンタクト使用はゴーグル着用でも危ない?

水泳でコンタクト使用はゴーグル着用でも危ない?

水泳でコンタクト使用はゴーグル着用でも危ない?

水泳をされている方でコンタクトレンズをされている方も多いのではないでしょうか。水泳時にコンタクトレンズをしても問題はないのか。ご紹介いたします。

 

1.コンタクトを失くしてしまう可能性は?

ある眼科医によれば、水泳をする時はコンタクトではなく、度付きのゴーグルを使用するべきと主張しています。水球の選手がコンタクトを使用して、眼球の障害が出ているとのデータもあります。また、競技中にコンタクトレンズをなくす割合は平均で2.1回とされています。

 

2.水泳の場合は問題ない?

水泳は水球に比べて激しい運動は特にないため、普通に泳ぐだけならコンタクトをつけたまま、ゴーグルをして問題はないそうです。ただし、飛び込みや友人とふざけていると思わぬことで眼球を傷つけてしまうことがあります。飛び込みを行う方はコンタクトを外したほうが良いでしょう。

 

3.ワンデー使い捨てコンタクトがおすすめ

ゴーグルをつけて、水泳を行ってもコンタクトをしていると目には何らかの障害があるようです。特に水泳後にコンタクトを交換していないと充血や角膜に傷ができているといわれることがあります。シーズン中だけでもワンデー使い捨てを使用し、コンタクトを交換するようにしましょう。

 

いかがでしたか。水泳時はゴーグルを着用していても、コンタクトレンズによる目の障害は起きやすいようです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳で怪我を予防する方法は?
水泳は地上の協議に比べて、身体にかかる負荷は少ないですが、全く怪我をしないわけではありません。今回は水泳での怪我予防について、ご紹介いたします。
水泳をすると眠くなる理由は?
水泳をした後、眠くなった経験はなかったでしょうか。今回は水泳後に眠くなる原因とその対処方法をご紹介いたします。
水泳をすると吐き気がする原因は?
水泳をしていると極まれに吐き気を催すことがあります。今回は水泳で起こる吐き気について、ご紹介いたします。
水泳をするとなぜ鼻水が止まらない?
水泳をすると鼻水が止まらなくなった経験があると思います。今回はなぜ水泳で鼻水が止まらないのかをお伝えいたします。
水泳時の頭痛の原因と対策
水泳をしていたときに頭痛が起きて、悩まされたという方も多いのではないでしょうか。その原因と対策について、ご紹介いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ