泳げないけどシュノーケリングを楽しみたい方へ

泳げないけどシュノーケリングを楽しみたい方へ

泳げないけどシュノーケリングを楽しみたい方へ

透き通った海でシュノーケリングをしたい。しかし、泳げない…と諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は泳げない方でもシュノーケリングを楽しめるかをお伝えします。

 

1.泳げなくても大丈夫

結論から言うとシュノーケリングはガイドさんとともに楽しむコースが多いため、誰でも楽しむことができます。また、ライフジャケットを着用することで確実に浮くことができます。

 

2.浅瀬を楽しむ

シュノーケリングは水深が浅くなった干潮時に行うため、水が怖い方でも気軽に取り組めます。また、場所によっては足が着くことも可能なので、溺れる心配もありません。

 

3.気軽に取り組める

また、シュノーケリングは泳ぐという技術があまり必要でないため、泳げない方でも取り組みやすいのが特徴です。シュノーケルの中に入った水を外に出すシュノーケルクリアやマスクの中に入ってしまった海水を出すマスククリアを覚えさえすれば、誰でも楽しむことができます。また、シュノーケルやフィン、ライフジャケット、ウェットスーツなどもレンタルできます。

 

いかがでしたか。泳げないからといってシュノーケリングを諦めることはとてももったいないことです。ぜひ挑戦してみてください。

泳げなくてもダイビングは可能?

あまり泳げないからといってダイビングなどを断念する方もいますが、実は水泳経験とダイビングは根本的に違うものなのをご存知ですか?今回は泳げない方に向けてダイビングを勧めていこうと思います。

息ができる

泳ぐ上では息継ぎをする必要がありますが、ダイビングであれば、レギュレーターという呼吸器によって好きなタイミングで水中で呼吸をすることができます。もちろんゴーグルは着用していますし、息苦しさや目に水がはいる恐怖などとは全く無縁な世界なんです。

移動はインストラクターに任せればOK

泳げない人は自由に移動ができないのではないかと思う方もいるでしょうが、よほどセンスが限り、初めてのダイビングの装備をもって水中を意のままに移動できる人はなかなかいません。移動はインストラクターの手をとって進行方向に自分をすすめるイメージさえ持っていれば大丈夫です。

耳抜きに注意

ダイビング初心者が気をつけなければいけないことは、泳ぎではなくむしろ耳抜きです。これを行わなくてはどんなに泳ぎが上手い人でも沈んでいくことができないんです。インストラクターの指示どおりに行えば問題ないのですが、ちょっとしたコツがあるため、慣れない人は少し戸惑うかもしれません。

 

このように泳げない人や水に慣れていない人こそ、美しい海を満喫できるダイビングはオススメです。それがきっかけに水の恐怖心がなくなったり、泳げるようになったという人もいるので、泳げないからと億劫になっている人こそ挑戦すべきでしょう。
<スポンサーリンク>

関連ページ

なぜ泳げないのか?その原因とは?
なぜ泳げないのか?」泳げない人、カナヅチの人はこの言葉を自問自答した経験があるのではないでしょうか。今回は「なぜ泳げないのか}という疑問に原因を追究したいと思います。
サーフィンは泳げない人でもできるのか?
太陽の光が差し込む浜辺、サーフィンボードを片手に黒光りしているボディの方を見て、憧れを覚えた人もいるのではないでしょうか。今回は「サーフィンなんて泳げないとできないのでは…」と悩んでいる方への疑問にお答えします。
中学生で泳げない方へのアドバイス
泳げない中学生にとって、夏の体育は恐怖そのもの…夏が到来する前に克服したい!今回はそんな方におすすめの方法をご紹介いたします。
水が怖いお子様の克服方法
水が怖いというお子様への克服で悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。ここでは自宅でもできる克服方法をお伝えいたします。
水が怖いお子様への対処方法
水が怖いとおっしゃるお子様をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そんなお子様への対処方法をご紹介いたします。
水が怖い原因はどういう心理?
水が怖いという方もいらっしゃいますが、そもそもなぜ水が怖いのか?今回はその原因を心理学の視点から分析したいと思います。
幼児への水泳の教え方
小さいお子様がいらっしゃる親御さんで水泳を習い事として選択される方がいらっしゃいます。しかし、お子様(特に幼児)に水泳を教えるのは難しいと感じてしまうのではないでしょうか。今回は幼児への水泳の教え方をお伝えいたします。
水泳で使用するヘルパーの使い方は?
小さいお子様に必須アイテムのヘルパーですが、意外とその使い方は知られていないようです。今回はこのヘルパーの使い方をご紹介いたします。
泳げないと教員になれないのか?
将来、教員を目指しているが、泳げないことで教員になれないのではないかと不安に抱く方がいらっしゃいます。今回は教員との関係をお伝えいたします。
泳げないと警官になれないのか?
警察官は泳げないとなることができないのか?警察官を目指している方でそう考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はその疑問にお答えいたします。
泳げないは遺伝するのか?
世の中には泳げる人と泳げない人が存在します。何度やっても泳げるようにならないという人も多いかと思います。そこで真っ先に疑われるのが「親のせい」です。果たして、泳げないということは遺伝するのでしょうか。今回は水泳と遺伝について、お話したいと思います。
泳げないコンプレックスをどうにかしたい方へ
夏になると海、川、プールなど夏特有の遊びのお誘いが多くなります。せっかく楽しいイベントに泳げないことがコンプレックスになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は泳げないコンプレックスの克服の仕方をお伝えいたします。
泳げない人のおすすめの練習方法
泳げない方が泳げるようになるための練習方法は何か?気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は泳げない方向けの練習方法をお伝えいたします。
泳げない人はダイビングはできないのか?
綺麗な水中の中を優雅に泳ぐダイビング。一度は憧れた人も多いのではないでしょうか。では、ダイビングは泳げない方でもできるのでしょうか。今回はその疑問にお答えいたします。
泳げない人必見!一日で泳げる方法を紹介!
幼い頃、水に慣れ親しまなかったせいで今でも泳げないという方は多いのではないでしょうか。今回は泳げない人へのおすすめの克服方法をお伝えいたします。
泳げない彼氏をプールや海に連れ出す方法
真夏の海やプールに訪れたいと思うカップルが多いかと思います。しかし、もし彼氏が泳げないとわかったら、どうしますか?
泳げない方必見!スイミングスクールのメリット
泳げないことを克服するため、スイミングスクールに通おうと考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は泳げない方がスイミングスクールに通うメリットをご紹介します。
泳げなくて困ることは?
泳げないことがコンプレックスの方も多いと思いますが、果たして泳げないことで困ることがあるのでしょうか。今回は泳げなくて困ったことについて、ご紹介いたします。
運動神経が悪いと泳げないのか?
「泳げる人はきっと運動神経が良いからだろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。ところが運動神経は水泳に意外な関係がありました。

ホーム RSS購読 サイトマップ