水泳で使用するヘルパーの使い方は?

水泳で使用するヘルパーの使い方は?

水泳で使用するヘルパーの使い方は?

小さいお子様に必須アイテムのヘルパーですが、意外とその使い方は知られていないようです。今回はこのヘルパーの使い方をご紹介いたします。

 

1.カラーヘルパーの使い方

お子様にカラーヘルパーを使用したい場合は身体の最も重い部分につけます。おすすめは骨盤あたりの腰です。結びつけるときはお子様が痛くない程度に腰から抜けにくい具合の強さが良いでしょう。

 

2.アームへルパーの使い方

アームヘルパーは主に水泳の練習の際にしようします。値段は一組700円前後です。このアームヘルパーのメリットは水深が深いプールでも常に直立の状態を維持することができます。着用部分は上腕二頭筋あたりにつけるのが良いでしょう。また、泳ぎの上達によって、1個だけの使用も可能です。

 

3.ジェットヘルパーの使い方

ジェットヘルパーは主に背中につけるヘルパーです。重心が腰付近にあるため、ビート版を使った泳ぎ方を習う際に便利なヘルパーです。水の抵抗を最小限に抑える形状をしているので、推進力が大きく、スピード感覚もつきます。

 

いかがでしたか。お子様の年齢や水泳のレベルに応じて、ヘルパーを使い分けることがポイントです。小さなお子様は簡単に溺れてしまいます。ヘルパーをしているからといって、目を離すことは絶対にやめましょう。

泳げない人向け練習方法

泳げない人というのは義務教育でプールの授業などを行っている現在であってもそれほど珍しいものではなく、ある調査によると、成人の約3人に1人程度は泳ぎに自信が無いと答えているそうです。しかし、泳げるようになるだけであればさほど難しいことではないんです。そこで、今回は泳げるようになるための練習方法を紹介していきます。

まず水になれる

最初の内は泳ごうとせずに、水中を歩きまわってみたり水のなかに潜ってみたり、水のなかに自分がいるという環境に慣れることから始めるといいでしょう。ある程度なれてきたら人に手をとってもらったりビート板などを使って泳ぐ感覚を掴むようにしていきましょう。

息継ぎの練習をする

ビート板などで泳ぐ感覚を掴んできたら、顔を水につけて泳いで、一定時間ごとに息継ぎする練習をしましょう。息継ぎができるようになると、長い距離を安定して泳ぐことができるようになるはずです。

なんでもいいから泳いで見る

これらができるようになったら水に対する苦手意識はある程度軽減されているはずです。そうなったら一度見よう見まねでいいので泳いでみましょう。クロールでも平泳ぎでも構いません。案外水に慣れてしまえば、人の真似をしているだけでそれなりに泳げるようになるケースも珍しくないんですよ。

 

このように基本的に段階を踏んで練習していけば、大人であっても短時間で最低限の泳ぎは習得できるようになります。泳げないのがコンプレックスの方も水が嫌いだからと怖がらずに、何事も挑戦だと思ってやってみてはいかがでしょうか。
<スポンサーリンク>

関連ページ

なぜ泳げないのか?その原因とは?
なぜ泳げないのか?」泳げない人、カナヅチの人はこの言葉を自問自答した経験があるのではないでしょうか。今回は「なぜ泳げないのか}という疑問に原因を追究したいと思います。
サーフィンは泳げない人でもできるのか?
太陽の光が差し込む浜辺、サーフィンボードを片手に黒光りしているボディの方を見て、憧れを覚えた人もいるのではないでしょうか。今回は「サーフィンなんて泳げないとできないのでは…」と悩んでいる方への疑問にお答えします。
中学生で泳げない方へのアドバイス
泳げない中学生にとって、夏の体育は恐怖そのもの…夏が到来する前に克服したい!今回はそんな方におすすめの方法をご紹介いたします。
水が怖いお子様の克服方法
水が怖いというお子様への克服で悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。ここでは自宅でもできる克服方法をお伝えいたします。
水が怖いお子様への対処方法
水が怖いとおっしゃるお子様をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そんなお子様への対処方法をご紹介いたします。
水が怖い原因はどういう心理?
水が怖いという方もいらっしゃいますが、そもそもなぜ水が怖いのか?今回はその原因を心理学の視点から分析したいと思います。
幼児への水泳の教え方
小さいお子様がいらっしゃる親御さんで水泳を習い事として選択される方がいらっしゃいます。しかし、お子様(特に幼児)に水泳を教えるのは難しいと感じてしまうのではないでしょうか。今回は幼児への水泳の教え方をお伝えいたします。
泳げないけどシュノーケリングを楽しみたい方へ
透き通った海でシュノーケリングをしたい。しかし、泳げない…と諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は泳げない方でもシュノーケリングを楽しめるかをお伝えします。
泳げないと教員になれないのか?
将来、教員を目指しているが、泳げないことで教員になれないのではないかと不安に抱く方がいらっしゃいます。今回は教員との関係をお伝えいたします。
泳げないと警官になれないのか?
警察官は泳げないとなることができないのか?警察官を目指している方でそう考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はその疑問にお答えいたします。
泳げないは遺伝するのか?
世の中には泳げる人と泳げない人が存在します。何度やっても泳げるようにならないという人も多いかと思います。そこで真っ先に疑われるのが「親のせい」です。果たして、泳げないということは遺伝するのでしょうか。今回は水泳と遺伝について、お話したいと思います。
泳げないコンプレックスをどうにかしたい方へ
夏になると海、川、プールなど夏特有の遊びのお誘いが多くなります。せっかく楽しいイベントに泳げないことがコンプレックスになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は泳げないコンプレックスの克服の仕方をお伝えいたします。
泳げない人のおすすめの練習方法
泳げない方が泳げるようになるための練習方法は何か?気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は泳げない方向けの練習方法をお伝えいたします。
泳げない人はダイビングはできないのか?
綺麗な水中の中を優雅に泳ぐダイビング。一度は憧れた人も多いのではないでしょうか。では、ダイビングは泳げない方でもできるのでしょうか。今回はその疑問にお答えいたします。
泳げない人必見!一日で泳げる方法を紹介!
幼い頃、水に慣れ親しまなかったせいで今でも泳げないという方は多いのではないでしょうか。今回は泳げない人へのおすすめの克服方法をお伝えいたします。
泳げない彼氏をプールや海に連れ出す方法
真夏の海やプールに訪れたいと思うカップルが多いかと思います。しかし、もし彼氏が泳げないとわかったら、どうしますか?
泳げない方必見!スイミングスクールのメリット
泳げないことを克服するため、スイミングスクールに通おうと考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は泳げない方がスイミングスクールに通うメリットをご紹介します。
泳げなくて困ることは?
泳げないことがコンプレックスの方も多いと思いますが、果たして泳げないことで困ることがあるのでしょうか。今回は泳げなくて困ったことについて、ご紹介いたします。
運動神経が悪いと泳げないのか?
「泳げる人はきっと運動神経が良いからだろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。ところが運動神経は水泳に意外な関係がありました。

ホーム RSS購読 サイトマップ