水泳でダイエット効果を得るための頻度は?

水泳でダイエット効果を得るための頻度は?

水泳でダイエット効果を得るための頻度は?

水泳をダイエットの手段として取り入れる方も多いと思います。そこで水泳でダイエット効果を得るためのふさわしい頻度や時間などをご紹介いたします。

 

1.消費カロリーは陸上の4倍

水泳は陸上の運動に比べ、消費カロリーが4倍高いといわれています。その理由としては水の抵抗による負荷、全身運動、そして水温による体温低下を防ぐことが挙げられます。

 

2.理想は週3日、6ヶ月以上

ダイエットとして、水泳に取り組むためには週3日、6ヶ月以上が良いでしょう。運動経験がない方にとって、この頻度は難しいので、最初は週1回でも問題ありません。また、1回あたりの水泳時間は30〜60分が良いとされています。ダイエット効果を得るためには継続が不可欠となります。

 

3.頻度を上げるための工夫

水泳でダイエット効果を得るためにはプールに通う頻度を増やすしかありません。そのため、通いやすいプールを選びましょう。自宅や仕事場の最寄り駅から遠い場所だと挫折につながりやすくなります。また、最初から泳ぐ必要はありません。最初は水中でのウォーキングなどから取り組みましょう。

 

いかがでしたか。水泳でダイエット効果を得るためにはそれなりの頻度が必要です。痩せるためと思い込むと継続が難しいので、楽しむこと、できたという喜びを優先させましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳のダイエット効果とは?驚きの脂肪燃焼効果
今回は水泳がもたらすダイエット効果についてまとめています。
水泳でメタボが解消できる?
メタボリックシンドローム通称メタボは生活習慣病の手前の状態。一刻も早く改善しなければ深刻な病気にもなりかねません。その解消法としてかなり効率が良いといわれているのがスイミングです。
水泳の脂肪燃焼効果の実体験まとめ
水泳の効果について肯定意見・否定意見をまとめました。
水泳ダイエットのメニュー
私が実践した水泳ダイエットのメニューを紹介します。
水泳の消費カロリーは?ウォーキングとの比較
水泳の消費カロリーはウォーキングやジョギングなどよりもずっと高いと言われています。果たしてどのくらいの差があるのでしょうか。
水泳とジョギングはどっちか効果的?
ダイエットをされようとする方で水泳とジョギングのどちらが効果的か気になる方も多いと思います。今回はどちらが効果的かをお伝えさせていただきます。
水泳ダイエットではどのくらいの距離泳げば良いの?
水泳のダイエットではどのくらいの距離泳ぐといいのでしょうか。
皮下脂肪燃焼に良い水泳のすすめ
皮下脂肪を落とす方法として水泳は非常に有効です。今回は水泳の皮下脂肪燃焼効果についてまとめてみました。
水泳で効率的に有酸素運動をする方法
水泳は息継ぎが難しいことから、無酸素運動であると考える方がいらっしゃいます。実は水泳でも有酸素運動が可能です。今回は水泳と有酸素運動をご紹介いたします。
水泳で内臓脂肪を落とそう
内臓脂肪は生活習慣病に繋がるので一刻も早く減らすようにしたほうがいいです。その方法として水泳は大変効果的です。
水中歩行の歩き方
水中歩行は水泳が苦手な人でも簡単にすることができる運動方法です。体脂肪をなくし基礎代謝を上げる効果があります。今回はその水中歩行のいくつかある歩行方法を紹介していきたいと思います。
水泳やってるけど一向に痩せない件
水泳は痩せる、ダイエットの効果的ときいたからジムに通ってみたものの、全然やせないんすけど・・・。
水泳ダイエットをする上で考えたい食事の時間
水泳ダイエット中の食事のタイミングや、制限についてのお話をしています。
クロールのダイエット効果は?
ダイエットのために水泳を取り組む方も多いと思います。そこでクロールはダイエット効果が期待できるのでしょうか。今回はクロールとダイエット効果についてお伝えいたします。
クロールで消費されるカロリーは?
ダイエットや適度な運動の手段として、水泳を選ぶ方は多いと思います。その中でハードなイメージがあるクロールは果たしてどれくらいの消費カロリーなのでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ