プール,ダイエット,効果

水泳による首の痛み

水泳による首の痛み

水泳で首の筋を痛めてしまうと、うまく回らないし息継ぎのたびに痛い思いをして大変ですよね。今回は首を傷めない為の泳ぎ方について簡単に解説しています。

 

水泳ですぐに首の筋を傷めるんだけど・・・

▼水泳で首を傷める人は息継ぎの時のフォームが悪い可能性がある。特にクロールや平泳ぎでの息継ぎがうまくできないと首を傷める要因になる。

 

 

▼例えば平泳ぎにしろクロールにしろ頭を上げる時は上半身の力をかなり利用するわけであるが、これを上半身の力をほとんど使わないで首だけの力で頭を上げようとする人は要注意である。これは首にかなり負担になるので、傷める危険が高い。

 

 

▼首を傷めるというのは首の筋肉痛であることがほとんど。こういう時は筋肉の回復を待って無理に水泳をしないこと。痛みが治まるまで安静にしていないとなかなか治らない。

 

 

▼うまく泳げる人の息継ぎの仕方をよく観察してみよう。上半身の使い方がよくわかると思う。

 

 

▼痛みがなかなか引かない場合はマッサージ店や接骨院などで施術をうけることをおすすめする。

水泳での怪我予防

水泳というと水の中で行う運動なので地上に比べると怪我や事故の無いイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことは決してありません。今回は水泳における怪我の予防方法を紹介していきます。

水泳で怪我をしやすい場所

水泳は水を掻いたり、蹴ったりする動作を頻繁に行うので、関節を痛めてしまうケースが最も多いと言われています。最悪の場合慢性的な炎症になりかねないので、準備運動や整理運動によってしっかりと関節の柔軟性を高める必要があります。

正しいフォームを身につける

特に自己流で水泳をやっていると、余計な力が入っていたりするせいで怪我をしやすくなることがあります。それを続けると癖がついてしまう場合もありますから、もし自分の泳ぎ方に疑問を持ったようであれば一度インストラクターに指導を求めるといいでしょう。

少しでも違和感を感じたら

関節だけでなく、足がつりそうになったりなど、少しでも違和感を感じた場合、その日は早めにプールからあがったほうが良いでしょう。多くの場合はしっかりストレッチを行うことによって改善しますが、泳ぐ度に違和感があったり、日常生活に差し障りがでるようでしたら一度医師に相談しましょう。

 

競技として取り組んでいる方はもちろん、日々の健康や趣味のために水泳をやっている方にとっても怪我の予防は非常に重要な問題です。水中だからと決して舐めずに、安全に水泳を楽しめるよう細心の注意を払うようにしていきましょう。
<スポンサーリンク>

関連ページ

プールの細菌や雑菌は感染する?
確かにプールは塩素消毒されていますが、絶対清潔なんてことはありえません。細菌の影響を100%シャットアウトするというのはあまり現実的ではないでしょう。最低限の予防策は打っておきましょう。
女性は水泳で体型が悪くなる?
女性は水泳をすることにより、体系が筋肉質になるのではと心配する人が多いようです。
水泳の塩素で髪がパサパサになる時の対処法
プールに入ると髪がパサパサになったり、色が抜け落ちたりといった経験がありませんか?プールの塩素が髪に与える影響をまとめました。
水泳の塩素による肌荒れ対策
スイミングは健康に良いですが、塩素による肌荒れが心配です。あれるだけでなく痒みや炎症が発生したら日常にも支障をきたしますよね。今回はプールでの肌荒れ対策の情報をまとめました。
水泳では痩せる?それとも筋肉質になるの?
水泳で痩せたいけど筋肉質になってしまうのでは?と心配する人が多いようです。とくに女性の方の悩みだと思います。その辺について詳しくお話していきましょう。
水泳で使うシャンプーは?プール後の塩素対策について
水泳の後はシャンプーをするべきなのか。水洗いのがいいのか。塩素を洗い流すにはどうすればいいのか。ヘアケアについて色々疑問に思う声があるようなので簡単にまとめてみました。
水泳は心臓に負担がかかるんじゃないの?
水泳はその効能だけに目が行きがちですが、少なからずリスクにもなり得ることを知っておきましょう。
水泳をやっているとスポーツ心臓になる?
水泳とスポーツ心臓の関係についてお話しています。
水泳をやっている人へ/プールでの髪の脱色対策
プールに長く通っている人は髪が茶色く変色していたりしますよね。脱色で茶髪に関違いされたくないとか、塩素による影響を極力うけたくないという人も多いのでプールの水対策についてまとめてみました。
プールの水で禿げないの?
決して清潔とはいえないプールの水。水泳の時に頻繁に髪の毛をさらすことにより薄毛になるのではと心配する声もあるようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ