プール,ダイエット,効果

プールの細菌や雑菌は感染する?

プールの細菌や雑菌は感染する?

確かにプールは塩素消毒されていますが、絶対清潔なんてことはありえません。細菌の影響を100%シャットアウトするというのはあまり現実的ではないでしょう。最低限の予防策は打っておきましょう。

 

プールの細菌は感染する?

▼プールから結膜炎、水虫、下痢といったウイルス感染による症状がでることは少なくない。

 

 

▼プールはウイルスが繁殖するのには、丁度いい湿度や温度なのでプール帰りには必ず石鹸で体を洗うこと。できれば皮膚科の先生に勧められたものを使おう。

 

 

▼そして細菌の影響は目やのどなどの大事な器官にもおよぶことがあるので、うがいや目洗いを忘れないこと。

 

 

▼またプールの衛生管理に協力する意味でもプールに入る前の体の洗い流しは忘れないようにしよう。学校・ジムによっては石鹸で洗ってからプールに入ることを義務付けているところもある。

 

 

プールの細菌が目に与える影響

▼プールの殺菌消毒に使われる塩素によって、目の角膜を傷つけてしまう人は結構いる。通常は終わった後目洗いすれば済むのだが、もしも痛みが続くなどした場合はすぐに癌化にいくように心がけよう。

 

 

▼またもともと目になんらかの疾患がある人はそもそもプールに入らないほうがいい。根治するまでは我慢しよう。塩素や細菌の影響は気にし過ぎることもないが、全く気にしないことは危険である。

<スポンサーリンク>

関連ページ

女性は水泳で体型が悪くなる?
女性は水泳をすることにより、体系が筋肉質になるのではと心配する人が多いようです。
水泳の塩素で髪がパサパサになる時の対処法
プールに入ると髪がパサパサになったり、色が抜け落ちたりといった経験がありませんか?プールの塩素が髪に与える影響をまとめました。
水泳の塩素による肌荒れ対策
スイミングは健康に良いですが、塩素による肌荒れが心配です。あれるだけでなく痒みや炎症が発生したら日常にも支障をきたしますよね。今回はプールでの肌荒れ対策の情報をまとめました。
水泳では痩せる?それとも筋肉質になるの?
水泳で痩せたいけど筋肉質になってしまうのでは?と心配する人が多いようです。とくに女性の方の悩みだと思います。その辺について詳しくお話していきましょう。
水泳で使うシャンプーは?プール後の塩素対策について
水泳の後はシャンプーをするべきなのか。水洗いのがいいのか。塩素を洗い流すにはどうすればいいのか。ヘアケアについて色々疑問に思う声があるようなので簡単にまとめてみました。
水泳による首の痛み
水泳で首の筋を痛めてしまうと、うまく回らないし息継ぎのたびに痛い思いをして大変ですよね。今回は首を傷めない為の泳ぎ方について簡単に解説しています。
水泳は心臓に負担がかかるんじゃないの?
水泳はその効能だけに目が行きがちですが、少なからずリスクにもなり得ることを知っておきましょう。
水泳をやっているとスポーツ心臓になる?
水泳とスポーツ心臓の関係についてお話しています。
水泳をやっている人へ/プールでの髪の脱色対策
プールに長く通っている人は髪が茶色く変色していたりしますよね。脱色で茶髪に関違いされたくないとか、塩素による影響を極力うけたくないという人も多いのでプールの水対策についてまとめてみました。
プールの水で禿げないの?
決して清潔とはいえないプールの水。水泳の時に頻繁に髪の毛をさらすことにより薄毛になるのではと心配する声もあるようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ