水泳は脳を活性化させる?

水泳は脳を活性化させる?

水泳は脳を活性化させる?

水泳で脳が活性化するという話を聞いたことがあります。水泳をすると脳にどんなメリットがあるのかご紹介いたします。

 

1.全身運動により脳が覚醒

仕事終わりに水泳をした後は気持ちがいいという感想をよく耳にしますが、これは全身運動による脳への覚醒作用が働いている証拠でもあります。水の冷感に反応することで、これらの中枢からホルモンが分泌され、活性化するといわれています。

 

2.水泳はセロトニンの分泌を促す

水泳は温度中枢からのホルモンの分泌を促します。このホルモン刺激と有酸素運動によって、発生するのかセロトニン(幸せホルモン)という物質です。このホルモンはうつ病などの精神疾患にも良いとされており、憂鬱が消えるホルモンといわれています。

 

3.脳のリラックス効果

水泳の後は先ほどのセロトニンの刺激により気分が安定し、筋肉を柔らかくするリラックス効果も期待できます。また、このセロトニンは精神疾患に用いる薬と違って、副作用が全くなく、ストレス解消などにも有効とされています。

 

いかがでしたか。水泳は全身運動・有酸素運動・水の冷感の刺激により、脳を活性化させることができます。ストレスが蔓延している世の中で取り組むスポートとしては、水泳はおすすめできます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

水中ウォーキングの効果が凄い
水中ウォーキングは泳ぎが苦手でも大きなダイエット・運動不足解消効果があるので人気です。
水泳で足が細くなるって本当?
足を細くしたいなら適度な水泳がおすすめです。ですが逆に太くなるのでは?という声も聞くのでその辺の注意点について解説していきたいと思います。
水泳はうつ病に効果あり?
うつ病というのは心の病ですが、このうつ病を緩和するのにスイミングのような水中の中の有酸素運動は特に効果的だといわれています。
水泳で心肺機能の向上が見込める?
スイミングの大きな効果の一つとして心肺機能の向上があります。心肺機能が向上すると子供がぜんそくや風邪になりにくくなります。
水泳で肺活量を鍛えよう
心肺機能を向上させるには水泳が良いという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは正解でもあり不正解でもあります。
水泳は基礎代謝があがる?
水泳のメリットとして最も大きいのは基礎代謝能力が上がることです。基礎代謝能力が上がることで、太りにくい体を作ることができます。
水泳は血圧を下げる効果がある?
ストレスや運動不足が続けば高血圧になります。高血圧は動脈硬化に繋がり、動脈硬化は心臓疾患やすい臓がんなど様々な病気に繋がります。高血圧の解消法として水泳というのは大変有効です。
寒中水泳の効果
水泳の中でも特にハードな寒中水泳。普通の水泳では得られない効果があるようです。
ロシアの寒中水泳に参加しよう
ロシアで開催される寒中水泳の詳細を紹介しています。
寒中水泳で心臓発作になったりしないの?
国内・国外で伝統文化としてよくされる寒中水泳ですが、極寒の水の中に飛び込むなんて心臓に負担がないか心配ですよね。心臓発作のような疾患が発生することはないのでしょうか。
水泳は血圧を下がる?
スイミングスクールなどに顔を出すと高齢者の方がウォーキングや水泳などをされている姿をよく見ます。実は水泳は血圧を下げる効果が期待できます。
冬に取り組む水泳のメリットとは?
水泳といえば、夏のイメージがありますが、実は冬に始める水泳はメリットがあります。今回は冬の水泳のメリットをご紹介いたします。
ヘルニア治療に水泳は有効?
腰椎のヘルニアには水泳が良いとされています。今回はヘルニアにおける水泳のメリットと注意点について、お話したいと思います。
趣味として水泳を始めよう
趣味として水泳を始めたいと思った方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方へのおすすめの情報をご紹介いたします。
水泳でむくみ解消をする方法
水泳をすると色々身体に良いことがあります。特に女性にとってはむくみ解消になるといったメリットがあります。今回は水泳とむくみ解消のお話をしたいと思います。
水泳で腰痛を改善する方法
水泳はヘルニアのリハビリ治療としても利用されており、腰痛の改善が期待できます。今回は水泳における腰痛の改善について、ご紹介いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ