水泳の飛び込みの練習方法

水泳の飛び込みの練習方法

水泳の飛び込みの練習方法

水泳での飛び込みをスムーズにするためには練習が不可欠です。今回は飛び込みを上達させるための練習方法をご紹介いたします。

 

1.まずは水の中から始める

飛び込みの練習はフォームの確認も含め、水の中に台を沈めて、その上で練習すると良いでしょう。こうすることで正しいフォームを練習することができ、飛び込み時の恐怖心も克服することができます。イメージを掴むつもりで練習することが大切です。

 

2.本番さながらで練習する

正しいフォームは既に他の記事で紹介しているように水の中に沈めた台や低い台の上からの練習で賄えます。しかし、体重移動に関してはスタートの合図とともにしっかりと行わないと失敗につながります。そのため、本番さながらの合図(スタート台への準備の合図から実際に飛び込みまでの手順まで)で練習しましょう。

 

3.自宅でもできる練習方法とは?

自宅でできる飛込みの練習方法もあります。飛び込みは瞬間的な動作のため、イメージ作りが重要です。そのため、自宅で休養している間に正しいフォームのイメージトレーニングをすると良いでしょう。

 

いかがでしたか。飛び込みは一瞬の動きのため、イメージトレーニングや反射神経の向上が必要です。ぜひご参考ください。

飛び込みのコツ

競泳を見ていて、スタートの合図と共に飛び込む様は非常にカッコいいと思いますよね。一見ただ飛び込んでいるだけのように見えますが、何も知らない人が飛び込むと、お腹を打ってしまったりして思わぬ怪我や事故に繋がる場合もあります。水泳で飛び込みをするときのコツとはどういったものなのでしょうか。

飛び込む前の姿勢

まず、いきなり飛び込もうとせずに飛び込む前の姿勢を理解しましょう。台の角に足の指を出して、指を曲げて角を掴むようにして直立してみましょう。この掴んだ台に引っ掛けて飛び込むことになります。その後膝を曲げて前かがみになり、手の指先を足の指に触れるように構えます。これが飛び込む前の基本姿勢です。

飛び込んでみる

この基本姿勢ができるようになったら実際に飛び込んでみましょう。まずは普通のプールの縁など、お腹から落ちても痛くない場所で練習するようにしましょう。膝を浸かって台を蹴り、耳を挟むようにして腕を伸ばします。手は重ねて二等辺三角形をイメージするといいでしょう。この姿勢が上手くできていると、水に飛び込んだ際、水の抵抗を驚くほど受けずに着水することができるはずです。

実際の飛び込み台で練習してみる

実際の飛び込み台はプールの縁に比べると当然高いので、身体を打ってしまうと非常に痛い思いをします。そうならないように、しっかりと手から足先まで流れるように着水するイメージを十分に盛った上で飛び込むようにしましょう。

 

これらを意識することで、ある程度飛び込みができるようになるはずです。もし、本格的にやりたいのであれば、一度きちんとしたインストラクターの指導を受けるようにしましょう。
<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳の飛び込みのコツは?
水泳のスタートといえば、飛び込みです。水泳を始めて、それなりの経験を積んだ方は飛び込みにチャレンジする方も多いのではないでしょうか。今回は飛び込みのコツをご紹介いたします。
水泳の飛び込みでの姿勢について
水泳の飛び込みで大切な要素の一つが「姿勢」です。飛び込みをスムーズにするための姿勢をご紹介いたします。
水泳の飛び込みでの怪我
水泳の飛び込みは練習を重ねなければ、うまくできません。また、きちんとした技術がないと思わぬ怪我を招くことがあります。今回は飛び込み時の怪我を防ぐための注意事項をご紹介いたします。
水泳の飛び込みに必要な筋肉は?
水泳のスタートといえば、飛び込みです。この飛び込みをスムーズにできるかどうかでタイムが変わってきます。では、飛び込みを有利にするためにはどの筋肉を鍛えればいいのでしょうか。
水泳の飛び込みのルールについて
水泳選手のスタートダッシュといえば、飛び込みです。しかし、飛び込みのルールをきちんと理解されている方は少ないのではないでしょうか。今回は飛び込みのルールについて、ご紹介いたします。
水泳の飛び込みの恐怖心の克服方法
水泳のスタートでの飛び込みは慣れるまでうまくできないことが多いようです。飛び込みの時に感じる恐怖心はどのようなもので、どうすれば克服できるのでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ