水泳の飛び込みの恐怖心の克服方法

水泳の飛び込みの恐怖心の克服方法

水泳の飛び込みの恐怖心の克服方法

水泳のスタートでの飛び込みは慣れるまでうまくできないことが多いようです。飛び込みの時に感じる恐怖心はどのようなもので、どうすれば克服できるのでしょうか。

 

1.最初は低いところから

飛び込みの失敗「腹打ち」で痛い経験をした方も多いと思います。最初のうちは一段低い所から始めるのが良いでしょう。高い場所から飛び込むよりも手の位置など正しいフォームを確認しながら、練習することができます。

 

2.水中台、階段から飛び込む

一段低い場所から飛び込む場合でも恐怖心が消えない場合は水中台や階段を利用しましょう。ひざが水に浸かる程度の位置から練習すると恐怖心なく練習することができます。

 

3.自信をもって飛び込む

段差が低い場所で練習を重ね、正しい飛び込みのフォームを覚えたら、自信を持って飛び込みをしましょう。恐怖心があると身体が綺麗な"くの字"にならず、「腹打ち」の危険が増します。また、自分の体系にあった飛び込みフォームを試行錯誤することも大切です。スムーズに入水できる自分の正しいフォームを確立することで成功確率が上がります。

 

いかがでしたか。最初は必ず恐怖心が付いてきますが、段差の低いところから慣れていくとスムーズにできるはずです。

飛び込みの練習方法

水泳が得意という方でも、飛び込みがあまり上手くいかなくて悩んだ経験がある方もいますね。アドバイスを求めても「怖がらない」の一点張りだったりと、なかなかいい練習方法が分からない方も多いのではないでしょうか。一体どんな練習をすれば飛び込みが上手くなるのでしょう。

まずはプールサイドから

飛び込みに恐怖心がない場合でも、一度初心に帰ってプールサイドから綺麗に入水できるようにこころがけて練習してみましょう。この際に腹打ちしない綺麗な入水姿勢を何度も何度も繰り返し身体に染み込ませるようにしましょう。

足で跳ぼうとしない

飛び込みという名前から足で蹴りだして飛び込むイメージが捨てきれない人もいるかもしれませんが、飛び込みはどちらかというと頭から落ちる動作に近いです。このイメージの改革をすることで急激に飛び込みが綺麗で無駄のない形になる場合も少なくありません。

実際に飛んでみたら

実際に飛び込み台で飛んでみたら、自分の飛び込みの様子を映像などで確認するようにするといいでしょう。もしかしたらフォームが悪かったり、無駄に力が入っている部分を発見できるかもしれません。

 

なによりも練習で大切なのは「イメージ・実践・反省」のルーチンをしっかりと繰り返すことです。飛び込みがうまくいかないならうまくなるためにはどうすればいいか、自分で考えることが必要でしょう。それがわかってくれば、自分に合った練習方法や欠点を埋めるための対策などが自ずと見えてくるはずです。
<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳の飛び込みの練習方法
水泳での飛び込みをスムーズにするためには練習が不可欠です。今回は飛び込みを上達させるための練習方法をご紹介いたします。
水泳の飛び込みのコツは?
水泳のスタートといえば、飛び込みです。水泳を始めて、それなりの経験を積んだ方は飛び込みにチャレンジする方も多いのではないでしょうか。今回は飛び込みのコツをご紹介いたします。
水泳の飛び込みでの姿勢について
水泳の飛び込みで大切な要素の一つが「姿勢」です。飛び込みをスムーズにするための姿勢をご紹介いたします。
水泳の飛び込みでの怪我
水泳の飛び込みは練習を重ねなければ、うまくできません。また、きちんとした技術がないと思わぬ怪我を招くことがあります。今回は飛び込み時の怪我を防ぐための注意事項をご紹介いたします。
水泳の飛び込みに必要な筋肉は?
水泳のスタートといえば、飛び込みです。この飛び込みをスムーズにできるかどうかでタイムが変わってきます。では、飛び込みを有利にするためにはどの筋肉を鍛えればいいのでしょうか。
水泳の飛び込みのルールについて
水泳選手のスタートダッシュといえば、飛び込みです。しかし、飛び込みのルールをきちんと理解されている方は少ないのではないでしょうか。今回は飛び込みのルールについて、ご紹介いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ