水泳の飛び込みのコツは?

水泳の飛び込みのコツは?

水泳の飛び込みのコツは?

水泳のスタートといえば、飛び込みです。水泳を始めて、それなりの経験を積んだ方は飛び込みにチャレンジする方も多いのではないでしょうか。今回は飛び込みのコツをご紹介いたします。

 

1.深いプールで練習をする

飛び込みの練習をするには怪我を防止するためにも深いプールを利用しましょう。また、飛び込み時の姿勢が正しいかどうかを複数人でチェックしてもらうと良いでしょう。

 

2.スタート台に足の指を引っ掛ける

足の指を引っ掛けることに抵抗を持つ方も多いのですが、飛び込みに慣れていない方は足の指を引っ掛けるのがコツです。こうすることでジャンプする際の滑りを防止し、バランスの良い空中姿勢に慣れることができます。

 

3.スタート時に指先で台を押す

飛び込みは体重移動が鍵となります。体重移動が上手くできないと入水してからのストリームラインも悪くなります。そんため、スタート台から足が離れると同時に指先で台を押しましょう。そうすることで綺麗な「くの字」の姿勢を保ち、体重移動の感覚を覚えやすくなります。

 

いかがでしたか。水泳の飛び込み次第でタイムが大幅に変わります。正しい綺麗なフォームを目指して、何度も練習を重ねることが大切です。また、飛び込みは危険も多いので注意して取り組みましょう。

飛び込みのルール

陸上でスタートに厳密なルールがあるのと同様に、水泳でも飛び込みの際のルールが存在します。これを違反すると当然失格になってしまいます。今回はそんな水泳のスタートと飛び込みのルールについてのまとめになります。

スタートのしかた

まず自分の名前がコールされたら起立して右手をあげます。次に出発かかりが長く笛を吹くので、そうしたらスタート台にたって足をかけます。「用意」の号令と共に膝を曲げて手を足先につけるような格好になります。そして、スタートの号令で全員一斉に飛び込むことになります。

陸上競技との違い

陸上競技だとスタートの合図のあと0.1秒後に反応した場合はフライングということになりますが、水泳ではこの規定は特にありません。また、正式な記録に関わる水泳競技においては、スタートの号令の前に飛び込むと失格ではなく、スタートの合図の前に足に力が加わると失格になります。この力はスタート台にある圧力センサーで測定するようになっています。

水泳は一回で失格

陸上競技だと一度であればフライングが認められている場合もありますが、水泳は基本的に一回で即失格になってしまいます。

 

このようにスタートを圧力センサーで計っていたりすることからも分かる通り、飛び込みは水泳のタイムにおいて非常に重要な部分です。水泳競技を始めたてであれば、泳ぎを練習するだけでなく、飛び込みにも焦点をあてて練習することにより大幅にタイムを短縮できるかもしれませんよ。
<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳の飛び込みの練習方法
水泳での飛び込みをスムーズにするためには練習が不可欠です。今回は飛び込みを上達させるための練習方法をご紹介いたします。
水泳の飛び込みでの姿勢について
水泳の飛び込みで大切な要素の一つが「姿勢」です。飛び込みをスムーズにするための姿勢をご紹介いたします。
水泳の飛び込みでの怪我
水泳の飛び込みは練習を重ねなければ、うまくできません。また、きちんとした技術がないと思わぬ怪我を招くことがあります。今回は飛び込み時の怪我を防ぐための注意事項をご紹介いたします。
水泳の飛び込みに必要な筋肉は?
水泳のスタートといえば、飛び込みです。この飛び込みをスムーズにできるかどうかでタイムが変わってきます。では、飛び込みを有利にするためにはどの筋肉を鍛えればいいのでしょうか。
水泳の飛び込みのルールについて
水泳選手のスタートダッシュといえば、飛び込みです。しかし、飛び込みのルールをきちんと理解されている方は少ないのではないでしょうか。今回は飛び込みのルールについて、ご紹介いたします。
水泳の飛び込みの恐怖心の克服方法
水泳のスタートでの飛び込みは慣れるまでうまくできないことが多いようです。飛び込みの時に感じる恐怖心はどのようなもので、どうすれば克服できるのでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ