水泳の飛び込みでの姿勢について

水泳の飛び込みでの姿勢について

水泳の飛び込みでの姿勢について

水泳の飛び込みで大切な要素の一つが「姿勢」です。飛び込みをスムーズにするための姿勢をご紹介いたします。

 

1.くの字

飛び込みで大切なフォームは"くの字"を維持することです。"くの字"の姿勢を維持するためには体幹を鍛えることが大切です。また、飛び込む瞬間に"くの字"にするのではなく、体重移動を行った後に姿勢を維持することが大切です。

 

2.入水の順番を意識する

飛び込みの姿勢を維持するには理由があります。それは入水の順番です。上手く入水するためには正しい姿勢が不可欠です。入水の順番は指先→頭→腰→足先が理想的です。

 

3.姿勢をチェックするには?

目視でも正しい姿勢を確認することは可能ですが、感覚的な判断になってしまいます。そこで注目すべきは水しぶきです。美しい綺麗な飛び込みは入水の角度や姿勢がしっかりしているため、水しぶきが立ちにくいという特徴があります。

 

その他、正しい姿勢になっているかどうかは飛び込んだ後にスムーズに泳ぎのフォームに入れるかでわかります。もし、水の抵抗を受ける、泳ぎのフォームに入りにくいなどの場合は飛び込み時の姿勢が悪いかもしれません。

 

 

いかがでしたか。飛び込みは姿勢が命です。正しい姿勢を得るためには繰り返しの練習が不可欠です。

飛び込みに使用される筋肉

水泳のタイム短縮のためには避けて通れない飛び込みの練習ですが、一体どの部分の筋肉を使用しているのでしょうか。また、どんなトレーニングをすることで、より良い飛び込みができるようになるのでしょうか。今回はそんな水泳の飛び込みと筋肉の関係についてです。

飛び込みに使用される筋肉

水泳で主に使用される筋肉は、太ももの裏と足の裏です。太ももの裏のバネを足の裏に伝えることで全身を勢い良く宙に送り出すイメージです。

基本的に鍛えるべき筋肉

使用される筋肉は確かに太ももの裏と足の裏ですが、普段から鍛えるべき筋肉はやはり腹筋と背筋になります。というのも、正しいフォームで飛び込むためにはこの2つの筋肉がバランスよく発達している必要があり、正しいフォームで着水することこそがタイム短縮において非常に重要な点だからです。

飛び込む為の筋トレはスクワットなどで

もし腹筋背筋だけでなく、より飛び込みに特化したトレーニングをするのであれば、スクワットなどで膝で身体を打ち出す力をより高めるといいでしょう。片足でやったりつま先立ちでやったりすると、通常のスクワットとはまた別の筋肉を鍛えることもできます。また、足の指を握るような動作を繰り返して、台の縁を掴む力を強くすることも意外と効果があったりします。

 

日々のトレーニングに加えてこれらを中心に行い、さらにイメージトレーニングを頻繁に行うことで飛び込みがよくなる場合もあります。毎日の努力が大切ですから、数日やってダメだからといって諦めずに継続して行うようにしましょう。
<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳の飛び込みの練習方法
水泳での飛び込みをスムーズにするためには練習が不可欠です。今回は飛び込みを上達させるための練習方法をご紹介いたします。
水泳の飛び込みのコツは?
水泳のスタートといえば、飛び込みです。水泳を始めて、それなりの経験を積んだ方は飛び込みにチャレンジする方も多いのではないでしょうか。今回は飛び込みのコツをご紹介いたします。
水泳の飛び込みでの怪我
水泳の飛び込みは練習を重ねなければ、うまくできません。また、きちんとした技術がないと思わぬ怪我を招くことがあります。今回は飛び込み時の怪我を防ぐための注意事項をご紹介いたします。
水泳の飛び込みに必要な筋肉は?
水泳のスタートといえば、飛び込みです。この飛び込みをスムーズにできるかどうかでタイムが変わってきます。では、飛び込みを有利にするためにはどの筋肉を鍛えればいいのでしょうか。
水泳の飛び込みのルールについて
水泳選手のスタートダッシュといえば、飛び込みです。しかし、飛び込みのルールをきちんと理解されている方は少ないのではないでしょうか。今回は飛び込みのルールについて、ご紹介いたします。
水泳の飛び込みの恐怖心の克服方法
水泳のスタートでの飛び込みは慣れるまでうまくできないことが多いようです。飛び込みの時に感じる恐怖心はどのようなもので、どうすれば克服できるのでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ