クロールに重要なローリングとは

クロールに重要なローリングとは

クロールに重要なローリングとは

クロールで水の抵抗を減らし、速く泳ぐために必要不可欠なものがあります。それが「ローリング」です。今回は「ローリング」について解説いたします。

 

1.ローリングとは

ローリングとはクロールや背泳ぎで、キックやストロークに合わせて身体が左右に傾くことをいいます。つまり、身体の上下がX軸として、左右にねじれながら動くことを意味します。このローリングがぶれると水の抵抗を受けてしまい、うまく泳ぐことができません。

 

2.ローリングで気をつけたい注意点

ローリングで注意したいことがリカバリー時(水をかいた後の動作)のローリングです。このフォームが正しくないと、リズムが崩れる、身体の軸がぶれる、水の抵抗を受けるなどのデメリットが生まれます。コツとしては「リカバリーの肩を高く挙上げ、着水時の手の入り方に意識を集中させる」ことがおすすめです。

 

3.ローリングキックで速度に差がでる?

次に注目したいのがキックです。キックは力を入れすぎると下半身が沈み、スピードが落ちます。また初級者がスピードダウンしてしまう理由として、多くあげられます。ローリングキックは身体の捻った勢いを利用してキックする方法です。これを採用すると水の抵抗を極力減らすことができます。また、フォームが安定するため、綺麗な泳ぎにも見えます。

 

いかがでしたか。ローリングはクロールを速く、美しく泳ぐ効果的な方法です。ぜひご参考ください。

クロールは姿勢が大事!

クロールにおいて正しい姿勢を保つことは、美しいフォームになるだけでなく、早く楽に泳いだり、シェイプアップする点においても重要な意味があります。正しい姿勢を保つためにはどのような練習をすればいいのでしょうか。

ストリームラインについて

ストリームラインとは、水の抵抗を小さくして身体の浮力を最大限に活かすための水泳における基本姿勢のことをいいます。お腹を引っ込めながらお尻をおキュッと引き締めて両腕を伸ばして手を重ねた姿勢が理想的です。この姿勢を保つ練習は陸上でもできますので、泳ぐ際にも自然とこの姿勢がとれるように意識することが正しい姿勢の練習の第一歩となります。

キックについて

キックは膝を曲げずにまっすぐと足の根本からしなるように動かすのが理想的です。この際身体が水面に並行であると、より抵抗を少なくすることができるでしょう。キックが苦手という方はまずキックは泳ぐためのリズムを掴むための付随的なものと考えたほうが正しい姿勢を覚えやすいでしょう。

肩の動きについて

肩はなるべく大きく、上から回すように意識しましょう。これにより、腕の動きについていくような形で全身が傾くような動きをするようになるはずです。この動作をローリングといいますが、これができるようになるとクロールのフォームがより本格的なものになるはずです。

 

水泳初心者であれば、これらを意識することでよりクロールの姿勢が改善するはずです。具体的にどういったものか分からないという方は、動画で研究したりスイミングスクールに短期的にでも入会してみると良いでしょう。
<スポンサーリンク>

関連ページ

クロールでの腹筋の使い方とは?
水泳の魅力といえば、引き締まったボディです。特に引き締まった腹筋は男女問わず魅力的だと思います。そこで今回はクロールをする上で腹筋の使い方をお伝えいたします。
クロールでの飛び込みのコツとは?
水泳を取り組んでおり、クロールを取り組んでいる方も多いと思います。いずれは飛び込みで颯爽にクロールを行いたい方も多いのではないでしょうか。今回はクロールでの飛び込みのコツをお伝えいたします。
クロールで鍛えられる胸筋
クロールといえば、逞しい胸筋をイメージされる方も多いのではないでしょうか。今回はクロールで鍛えられる胸筋について、ご紹介いたします。
クロールで長距離泳ぐ方法は?
クロールは消費カロリーが高く、そのフォームが格好良いことから水泳の種目として選ぶ方は多いと思います。しかし、体力の消耗が激しい種目であることも事実です。そこで今回はクロールを長距離泳ぐ方法をご紹介いたします。
クロールと平泳ぎはどちらが消費カロリーが高い?
水泳を取り組む方で消費カロリーを気にされる方も多いのではないでしょうか。そこで今回はクロールと平泳ぎでは、消費カロリーはどちらが高いのかを検証してみましょう。
クロールのピッチを上げるには?
クロールは体力消耗が激しい泳ぎ方のため、途中体力切れに陥りがちです。ピッチを上げたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はクロールでピッチを上げる方法をご紹介いたします。
クロールの姿勢の練習方法
クロールを長く続けるために避けては通れないのがフォームです。フォームが間違っていると速く泳げないばかりか、見た目もよくありません。今回はクロールのフォームを綺麗にするための姿勢について、ご紹介いたします。
クロールの疲れない泳ぎ方は?
体力の消耗が激しいクロール。疲れない泳ぎ方があれば、ぜひ参考にしたいという方も多いのではないでしょうか。今回は疲れないクロールの泳ぎ方をご紹介いたします。
クロールは何歳から始めるのが良い?
お子さんに水泳を習わせたいという親御さんも多いのではないのでしょうか。体力もつくのでおすすめですが、ではクロールは何歳から始めるのが良いのでしょうか。
初心者向け!クロールの練習方法
ダイエット、趣味、新たに運動を始めたい人に「水泳」は取り組みやすい種目の一つです。そこで最もイメージにあがりやすいのが「クロール」です。颯爽とクロールで泳ぐ姿に憧れている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな初心者にも簡単なクロールの上達方法をお伝えいたします。
小学生のクロールの平均タイムは?
水泳を始めたいと思っている方で大体どのくらいのスピードで泳いだらよいかに悩んでいる方も多いかと思います。小学生は水泳を行っているイメージをお持ちの方も多いと思います。それでは小学生のクロールの平均タイムはどれくらいなのでしょうか。
幼児に教えたいクロールの息継ぎについて
お子さんを水泳教室に通わせているご両親も多いと思います。しかし、息継ぎが難しいクロールは子供が懸遠しがちです。そこで幼児に教えるおすすめのクロールの息継ぎ方法をご紹介いたします。
肩甲骨の使い方でクロールを泳ぎやすくする
メタボで生活習慣病寸前だった僕が水泳を習慣にすることにより、体感した様々な効果を紹介しているサイトです。

ホーム RSS購読 サイトマップ