クロールで鍛えられる胸筋

クロールで鍛えられる胸筋

クロールで鍛えられる胸筋

クロールといえば、逞しい胸筋をイメージされる方も多いのではないでしょうか。今回はクロールで鍛えられる胸筋について、ご紹介いたします。

 

1.クロールでの胸筋の鍛え方

クロールで胸筋を鍛えるためにはフォームを意識することが大切です。わきを開いた状態にして、体からやや離れた位置の水をかくと胸・腕・肩・背中を鍛えることができます。

 

2.女性にもクロールはおすすめ

クロールは肩が大きくなると誤解されがちですが、正しいフォームで泳ぐとさまざまなメリットがあります。例えば、胸筋をバランスよく鍛えられるクロールはバストアップの効果が期待できます。コツとしては腕をしっかりと伸ばして水をかくことです。

 

3.本格的に胸筋を鍛えたい方は平泳ぎがおすすめです。

平泳ぎはクロールよりも胸筋の稼動域が広く、最も鍛えられる泳ぎ方です。わきをしめるようにして、腕で胸方に水を囲い込むときに大胸筋を使います。この水を引き寄せるときを意識して、動作を大きくすると胸筋に負荷をかけることができます。

 

いかがでしたか。肩幅が大きくなるという誤解が多いクロールですが、選手を目指さない限り、そのような体型になることはありません。むしろ、適度な運動としてクロールを取り入れることで引き締まったボディやバストアップの効果が期待できます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

クロールでの腹筋の使い方とは?
水泳の魅力といえば、引き締まったボディです。特に引き締まった腹筋は男女問わず魅力的だと思います。そこで今回はクロールをする上で腹筋の使い方をお伝えいたします。
クロールでの飛び込みのコツとは?
水泳を取り組んでおり、クロールを取り組んでいる方も多いと思います。いずれは飛び込みで颯爽にクロールを行いたい方も多いのではないでしょうか。今回はクロールでの飛び込みのコツをお伝えいたします。
クロールで長距離泳ぐ方法は?
クロールは消費カロリーが高く、そのフォームが格好良いことから水泳の種目として選ぶ方は多いと思います。しかし、体力の消耗が激しい種目であることも事実です。そこで今回はクロールを長距離泳ぐ方法をご紹介いたします。
クロールと平泳ぎはどちらが消費カロリーが高い?
水泳を取り組む方で消費カロリーを気にされる方も多いのではないでしょうか。そこで今回はクロールと平泳ぎでは、消費カロリーはどちらが高いのかを検証してみましょう。
クロールに重要なローリングとは
クロールで水の抵抗を減らし、速く泳ぐために必要不可欠なものがあります。それが「ローリング」です。今回は「ローリング」について解説いたします。
クロールのピッチを上げるには?
クロールは体力消耗が激しい泳ぎ方のため、途中体力切れに陥りがちです。ピッチを上げたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はクロールでピッチを上げる方法をご紹介いたします。
クロールの姿勢の練習方法
クロールを長く続けるために避けては通れないのがフォームです。フォームが間違っていると速く泳げないばかりか、見た目もよくありません。今回はクロールのフォームを綺麗にするための姿勢について、ご紹介いたします。
クロールの疲れない泳ぎ方は?
体力の消耗が激しいクロール。疲れない泳ぎ方があれば、ぜひ参考にしたいという方も多いのではないでしょうか。今回は疲れないクロールの泳ぎ方をご紹介いたします。
クロールは何歳から始めるのが良い?
お子さんに水泳を習わせたいという親御さんも多いのではないのでしょうか。体力もつくのでおすすめですが、ではクロールは何歳から始めるのが良いのでしょうか。
初心者向け!クロールの練習方法
ダイエット、趣味、新たに運動を始めたい人に「水泳」は取り組みやすい種目の一つです。そこで最もイメージにあがりやすいのが「クロール」です。颯爽とクロールで泳ぐ姿に憧れている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな初心者にも簡単なクロールの上達方法をお伝えいたします。
小学生のクロールの平均タイムは?
水泳を始めたいと思っている方で大体どのくらいのスピードで泳いだらよいかに悩んでいる方も多いかと思います。小学生は水泳を行っているイメージをお持ちの方も多いと思います。それでは小学生のクロールの平均タイムはどれくらいなのでしょうか。
幼児に教えたいクロールの息継ぎについて
お子さんを水泳教室に通わせているご両親も多いと思います。しかし、息継ぎが難しいクロールは子供が懸遠しがちです。そこで幼児に教えるおすすめのクロールの息継ぎ方法をご紹介いたします。
肩甲骨の使い方でクロールを泳ぎやすくする
メタボで生活習慣病寸前だった僕が水泳を習慣にすることにより、体感した様々な効果を紹介しているサイトです。

ホーム RSS購読 サイトマップ