クロールでの腹筋の使い方とは?

クロールでの腹筋の使い方とは?

クロールでの腹筋の使い方とは?

水泳の魅力といえば、引き締まったボディです。特に引き締まった腹筋は男女問わず魅力的だと思います。そこで今回はクロールをする上で腹筋の使い方をお伝えいたします。

 

1.クロールで腹筋を使うメリット

腹筋をうまく使うことでメリットが生まれます。まずは速く泳げるようになります。腹筋を使うことでストリームライン(身体を浮かし、水の抵抗をできるだけ減らす姿勢)を維持し、早く泳げるようになります。また、服側近を鍛えることができるため、引き締まったボディを手に入れることができます。

 

2.腹筋の力の入れ方(陸上での練習編)

腕立て伏せの格好から、ひじから手首までを両腕ともに床につけます。肩からかかとまで一直線になるように耐えます。このとき腹筋に力が入っていないとお腹から崩れていきます。この力の入れ方をクロール時に意識します。

 

3.力の入れすぎには注意!

腹筋に力を入れすぎることで背中を沿ってしまい、下半身が沈んでしまうことがあります。腹筋に力をいれるのではなく、体全体をまっすぐに保つように意識をしましょう。

 

いかがでしたか。腹筋を使用すると、速く泳ぐことができる、息継ぎが楽になる、筋肉がつくなどメリットが多いです。ぜひ参考にしてみてください。

水泳で腹筋を鍛える利点

水泳はダイエットや筋トレにおいて非常に有効な運動ですが、腹筋を鍛える点でも非常に有効です。水泳を継続した際の腹筋の筋トレ効果は、一体どれほどなのでしょうか。また水泳で腹筋を鍛える利点とはどのようなところにあるのでしょうか。

バキバキの筋トレとは違う

水泳で鍛えることができる腹筋は、ジムによく設置してあるような腹筋を鍛えるような危機で筋トレを行った筋肉とは違った種類のものになります。バキバキに割れた腹筋になるというよりも、陸上選手のように細く締まった筋肉になる特徴があります。ダイエットに水泳がいいと言われるのはこのためなんですね。もちろん全く運動経験がない人が始めればそれなりに筋肉が大きくなっていることは実感できるでしょう。

腹筋と背筋をバランスよく鍛えることができる

腹筋だけを重点的に鍛えてしまうと、他の筋肉とのバランスが悪くなってしまい、腰痛を引き起こす原因になったりします。しかし、水泳は全身を満遍なく鍛えることができるため、特にバランスを取る必要がある背筋も同時に鍛えることができるんです。だから腰痛治療に効果的なんですね。

ムキムキになりたいなら

しかし、男性が憧れるような6つにわれた腹筋のような体型を目指すのであれば、水泳だけそうなるのは難しいでしょう。水泳で全身を鍛えて、必要に応じて鍛えたい筋肉をジムなどで動かすのが理想でしょう。

 

このように水泳には腹筋だけでない筋肉も同時に鍛えられる事に利点があります。逆に「とにかく腹筋!」という人は水泳にこだわる必要はそれほど無いでしょう。
<スポンサーリンク>

関連ページ

クロールでの飛び込みのコツとは?
水泳を取り組んでおり、クロールを取り組んでいる方も多いと思います。いずれは飛び込みで颯爽にクロールを行いたい方も多いのではないでしょうか。今回はクロールでの飛び込みのコツをお伝えいたします。
クロールで鍛えられる胸筋
クロールといえば、逞しい胸筋をイメージされる方も多いのではないでしょうか。今回はクロールで鍛えられる胸筋について、ご紹介いたします。
クロールで長距離泳ぐ方法は?
クロールは消費カロリーが高く、そのフォームが格好良いことから水泳の種目として選ぶ方は多いと思います。しかし、体力の消耗が激しい種目であることも事実です。そこで今回はクロールを長距離泳ぐ方法をご紹介いたします。
クロールと平泳ぎはどちらが消費カロリーが高い?
水泳を取り組む方で消費カロリーを気にされる方も多いのではないでしょうか。そこで今回はクロールと平泳ぎでは、消費カロリーはどちらが高いのかを検証してみましょう。
クロールに重要なローリングとは
クロールで水の抵抗を減らし、速く泳ぐために必要不可欠なものがあります。それが「ローリング」です。今回は「ローリング」について解説いたします。
クロールのピッチを上げるには?
クロールは体力消耗が激しい泳ぎ方のため、途中体力切れに陥りがちです。ピッチを上げたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はクロールでピッチを上げる方法をご紹介いたします。
クロールの姿勢の練習方法
クロールを長く続けるために避けては通れないのがフォームです。フォームが間違っていると速く泳げないばかりか、見た目もよくありません。今回はクロールのフォームを綺麗にするための姿勢について、ご紹介いたします。
クロールの疲れない泳ぎ方は?
体力の消耗が激しいクロール。疲れない泳ぎ方があれば、ぜひ参考にしたいという方も多いのではないでしょうか。今回は疲れないクロールの泳ぎ方をご紹介いたします。
クロールは何歳から始めるのが良い?
お子さんに水泳を習わせたいという親御さんも多いのではないのでしょうか。体力もつくのでおすすめですが、ではクロールは何歳から始めるのが良いのでしょうか。
初心者向け!クロールの練習方法
ダイエット、趣味、新たに運動を始めたい人に「水泳」は取り組みやすい種目の一つです。そこで最もイメージにあがりやすいのが「クロール」です。颯爽とクロールで泳ぐ姿に憧れている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな初心者にも簡単なクロールの上達方法をお伝えいたします。
小学生のクロールの平均タイムは?
水泳を始めたいと思っている方で大体どのくらいのスピードで泳いだらよいかに悩んでいる方も多いかと思います。小学生は水泳を行っているイメージをお持ちの方も多いと思います。それでは小学生のクロールの平均タイムはどれくらいなのでしょうか。
幼児に教えたいクロールの息継ぎについて
お子さんを水泳教室に通わせているご両親も多いと思います。しかし、息継ぎが難しいクロールは子供が懸遠しがちです。そこで幼児に教えるおすすめのクロールの息継ぎ方法をご紹介いたします。
肩甲骨の使い方でクロールを泳ぎやすくする
メタボで生活習慣病寸前だった僕が水泳を習慣にすることにより、体感した様々な効果を紹介しているサイトです。

ホーム RSS購読 サイトマップ