クロールのピッチを上げるには?

クロールのピッチを上げるには?

クロールのピッチを上げるには?

クロールは体力消耗が激しい泳ぎ方のため、途中体力切れに陥りがちです。ピッチを上げたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はクロールでピッチを上げる方法をご紹介いたします。

 

1.脇や肩甲骨を伸ばす

クロールの推進力は腕による水かきです。この力が大きいほどスピードが上がり、ピッチもあがります。そのコツは脇や肩甲骨を伸ばすことです。より多くの水をかけるだけでなく、身体を一直線に保ち、水の抵抗を減らすこともできます。

 

2.力の加減を工夫する

力を入れれば、スピードが出るというものではないのが水泳です。力を入れる時とそうでない時を明確にしましょう。力を終始入れ続けると息切れをしてしまう、下半身が沈み、スピードが落ちてしまうことがあります。

 

3.キックを徹底的に研究する

キックの正しいフォームを取り入れるように心がけましょう。キックはクロールでは重要な動作の一つですが、フォームを間違えるとスピードダウンに繋がります。足をやみくもに動かすのではなく、ストリームラインを意識し、身体のひねりを利用してキックをすると水の抵抗も少なくなり、スピードアップが期待できます。

 

いかがでしたか。クロールを行う人にとって、ピッチをあげることは一つの目標になります。ぜひご参考ください。

爪を伸ばしたら速くなる?

水泳をしていてある程度泳ぐことに慣れてくると「爪を伸ばしたら推進力を稼ぐことができるのでは?」と考えたことはありませんか?競泳選手は身体の抵抗を少なくするために体毛を無くしたりしますが、爪を伸ばすことに効果はあるのでしょうか。

基本的に無意味

まず、結論からいうと爪を伸ばすことにそれほど意味はありません。とんでもない長さに伸ばす事である程度の効果は出るのかもしれませんが、それでは爪を剥がしてしまったりする恐れもありますし逆効果になってしまうでしょう。

伸ばすのなら…

とは言え腕の長さを長くする意識は早く泳ぐという点においてはとても大切なことです。実際に長くなるわけではありませんが、肩の柔軟性がクロールで着水した時の伸びや、水を掻く力に影響を及ぼすのは広く知られている事実です。なんの知識もなくこのような疑問を抱いた人は非常に良いところに目をつけているといえるでしょう。

とはいえゲン担ぎの意味で

ただ、ゲン担ぎの意味も強いのでしょうが、マスターズの記録保持者の中にはレース前には爪を切らないという方も居るようです。少しでも、コンマ01秒であってもタイムを縮めたいという意識の高さというのは爪を切るか切らないかは別として見習うべき点と言えるでしょう。

 

基本的に無意味ですが、無意味だとわかっていても、やることに意味があることもあります。もし、タイムが縮まずに悩んでいるようでしたら、ちょっと試してみる程度のつもりで、日常に差し障りのない程度に伸ばしてみると、気持ちの面が改善して上手くいくかもしれませんよ。
<スポンサーリンク>

関連ページ

クロールでの腹筋の使い方とは?
水泳の魅力といえば、引き締まったボディです。特に引き締まった腹筋は男女問わず魅力的だと思います。そこで今回はクロールをする上で腹筋の使い方をお伝えいたします。
クロールでの飛び込みのコツとは?
水泳を取り組んでおり、クロールを取り組んでいる方も多いと思います。いずれは飛び込みで颯爽にクロールを行いたい方も多いのではないでしょうか。今回はクロールでの飛び込みのコツをお伝えいたします。
クロールで鍛えられる胸筋
クロールといえば、逞しい胸筋をイメージされる方も多いのではないでしょうか。今回はクロールで鍛えられる胸筋について、ご紹介いたします。
クロールで長距離泳ぐ方法は?
クロールは消費カロリーが高く、そのフォームが格好良いことから水泳の種目として選ぶ方は多いと思います。しかし、体力の消耗が激しい種目であることも事実です。そこで今回はクロールを長距離泳ぐ方法をご紹介いたします。
クロールと平泳ぎはどちらが消費カロリーが高い?
水泳を取り組む方で消費カロリーを気にされる方も多いのではないでしょうか。そこで今回はクロールと平泳ぎでは、消費カロリーはどちらが高いのかを検証してみましょう。
クロールに重要なローリングとは
クロールで水の抵抗を減らし、速く泳ぐために必要不可欠なものがあります。それが「ローリング」です。今回は「ローリング」について解説いたします。
クロールの姿勢の練習方法
クロールを長く続けるために避けては通れないのがフォームです。フォームが間違っていると速く泳げないばかりか、見た目もよくありません。今回はクロールのフォームを綺麗にするための姿勢について、ご紹介いたします。
クロールの疲れない泳ぎ方は?
体力の消耗が激しいクロール。疲れない泳ぎ方があれば、ぜひ参考にしたいという方も多いのではないでしょうか。今回は疲れないクロールの泳ぎ方をご紹介いたします。
クロールは何歳から始めるのが良い?
お子さんに水泳を習わせたいという親御さんも多いのではないのでしょうか。体力もつくのでおすすめですが、ではクロールは何歳から始めるのが良いのでしょうか。
初心者向け!クロールの練習方法
ダイエット、趣味、新たに運動を始めたい人に「水泳」は取り組みやすい種目の一つです。そこで最もイメージにあがりやすいのが「クロール」です。颯爽とクロールで泳ぐ姿に憧れている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな初心者にも簡単なクロールの上達方法をお伝えいたします。
小学生のクロールの平均タイムは?
水泳を始めたいと思っている方で大体どのくらいのスピードで泳いだらよいかに悩んでいる方も多いかと思います。小学生は水泳を行っているイメージをお持ちの方も多いと思います。それでは小学生のクロールの平均タイムはどれくらいなのでしょうか。
幼児に教えたいクロールの息継ぎについて
お子さんを水泳教室に通わせているご両親も多いと思います。しかし、息継ぎが難しいクロールは子供が懸遠しがちです。そこで幼児に教えるおすすめのクロールの息継ぎ方法をご紹介いたします。
肩甲骨の使い方でクロールを泳ぎやすくする
メタボで生活習慣病寸前だった僕が水泳を習慣にすることにより、体感した様々な効果を紹介しているサイトです。

ホーム RSS購読 サイトマップ