足が沈む人必見!足が沈まないクロールの方法

足が沈む人必見!足が沈まないクロールの方法

足が沈む人必見!足が沈まないクロールの方法

運動不足の解消やダイエットで水泳に取り組む方も多いと思います。そこでカロリー消費の高いクロールに挑むも、足が沈んでなかなか進めない方も多いのではないでしょうか。今回は足が沈まないクロールの仕方をお教えいたします。

 

1.なぜ足が沈むのか

元々人間の体は下半身が沈みやすいようにできています。これは足の太ももに大きな筋肉があるため、その重みによって沈んでしまいます。上半身は肺が浮き袋の役目をするため、浮かびやすくなっています。

 

2.ひじを伸ばすことで沈みにくい

中上級者になるとひじを曲げて泳ぐことが多くなります。しかし、初級者はなるべくひじを伸ばしながら泳ぐことを心がけてください。ひじを伸ばすことで足全体が水を押し下げるため、下半身が沈みにくくなります。

 

3.水しぶきを意識する

ひじを伸ばすと足が沈みにくいことは説明しました。きちんとひじが伸びていることを確認するおすすめの方法水しぶきを意識することです。ひじが曲がっていると水しぶきが立ちやすく、また水の抵抗を大きくします。水の抵抗が大きくなると進むスピードが落ちるため、バタ足に頼ってしまいます。このバタ足をしすぎると下半身が沈みやすくなります。

 

いかがでしたか。クロールは慣れるまで時間がかかります。ひじを伸ばすことを意識して、足が沈むことを防ぎましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

クロールで25m泳げない方へのアドバイス
クロールは体力の消耗が激しいため、25m泳げない方もいらっしゃいます。今回はクロールで25m泳ぎきる方法をお伝えいたします。
クロールで耳に水が入る原因は?
クロールは息継ぎの過程で顔を横に動かすことが多い種目です。その際に水が耳に入るというトラブルを経験された方もいらっしゃるかと思います。今回はクロールで耳に水が入らないようにするにはどうすべきかをご紹介いたします。
クロールで首が痛くなるのはなぜ?
クロールで泳いでいるとき、首が痛くなるという経験をされた方は多いのではないでしょうか。今回は首が痛くなる原因とその改善方法をご紹介いたします。
クロールのキックが進まない原因とは?
クロールで欠かせない動作の一つが「キック」です。しかし、このキックはきちんとしたやり方をしないと前に進みません。今回はキックをしても前に進まない原因とその対策をお話いたします。
クロールの息継ぎで鼻に水が入らないようにするコツは?
クロールを取り組むにあたり、一番苦労するのが息継ぎです。クロールは息継ぎの際に鼻に水が入りやすい泳ぎ方でもあります。鼻に水が入ると苦しいだけでなく、テンションも下がってしまいます。今回は息継ぎの際に鼻に水が入らないコツをお伝えいたします。
クロールの苦しい息継ぎを解消したい
水泳に取り組んでいる方はクロールを主な泳ぎ方の手段にされていると思います。しかし、クロールは息継ぎがしづらいと経験された方も多いのではないでしょうか。息継ぎにより苦しくなる原因はどこにあるのか、お伝えいたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ