クロールの苦しい息継ぎを解消したい

クロールの苦しい息継ぎを解消したい

クロールの苦しい息継ぎを解消したい

水泳に取り組んでいる方はクロールを主な泳ぎ方の手段にされていると思います。しかし、クロールは息継ぎがしづらいと経験された方も多いのではないでしょうか。息継ぎにより苦しくなる原因はどこにあるのか、お伝えいたします。

 

1.普段から息継ぎを意識する

息継ぎというのは何もクロールだけに必要というわけではありません。日常生活で呼吸をする上で無意識に息継ぎをしています。息継ぎが苦しいということは苦しい姿勢をとっていることが原因の一つかもしれません。普段から呼吸を意識して、スムーズに呼吸ができるように姿勢を正しましょう。

 

2.正しい息継ぎの姿勢

もちろん、普段の生活で意識するだけでは息継ぎはうまくなりません。水中でも練習する必要があります。体を真横に向けたときに頭の位置が高いと口の位置が下がってしまいます。そのため、頭の位置はなるべく低くします。そして、首をひねるというよりは肩を上げて息継ぎをすることが大事です。

 

3.水の中で息を吐く

息継ぎはリズムが大切です。水面にわずかに口が出た瞬間に息を吐いて、吸うという行為をしているとリズムが合いません。なるべく水中で息を吐くように心がけましょう。

 

いかがでしたか。苦しい息継ぎは体の姿勢を正し、何度も練習する必要があります。普段の生活から意識をして、正しい息継ぎをイメージすることが大切です。

首が痛くなる原因

泳ぐときにクロールを長時間していると、首が痛くなりがちじゃありませんか?これって実はちょっとしたことを意識することで改善する場合がほとんどなんです。今回はクロールの際の首の痛みの改善方法について紹介していきます。

息継ぎの時に痛めてしまう場合

多くの人が誤解していることですが、クロールの息継ぎは基本的に首を動かしてするものではありません、横を向くようにして肩をあげることにより、自然と顔が水面から離れているという状態が理想です。ですから、首で息継ぎしている人は、肩をしっかりあげることを心がけるようにしましょう。

潜っている最中に痛めてしまう場合

水中に顔を埋めている際に、前が不安で上を見すぎてしまっている人や、逆に沈んでしまわないように意識しすぎて顎を引きすぎている人も同様に首を痛めてしまいがちです。あくまで首の角度は自然な位置にあるのが理想なので、無理な体勢を取っていないかもう一度自分の泳ぎを見つめなおしてみましょう。

分からない場合はとにかくリラックス

原因不明だけど痛い場合も決して少なくありません。もし、そういったケースでは水中で極力身体の力を抜く練習をしましょう。まず、しっかりと身体を浮くような状態に整えた後に泳ぐことで、驚くほど楽に泳げるようになることも多くありますよ。

 

このようにクロールの時の首の痛みの多くは無駄な力が入っていたり、泳ぎ方がそもそも間違っていることがほとんどです。あまりひどいようでしたら、一度インストラクターに指導してもらうことで改善するかもしれません。
<スポンサーリンク>

関連ページ

クロールで25m泳げない方へのアドバイス
クロールは体力の消耗が激しいため、25m泳げない方もいらっしゃいます。今回はクロールで25m泳ぎきる方法をお伝えいたします。
クロールで耳に水が入る原因は?
クロールは息継ぎの過程で顔を横に動かすことが多い種目です。その際に水が耳に入るというトラブルを経験された方もいらっしゃるかと思います。今回はクロールで耳に水が入らないようにするにはどうすべきかをご紹介いたします。
クロールで首が痛くなるのはなぜ?
クロールで泳いでいるとき、首が痛くなるという経験をされた方は多いのではないでしょうか。今回は首が痛くなる原因とその改善方法をご紹介いたします。
クロールのキックが進まない原因とは?
クロールで欠かせない動作の一つが「キック」です。しかし、このキックはきちんとしたやり方をしないと前に進みません。今回はキックをしても前に進まない原因とその対策をお話いたします。
クロールの息継ぎで鼻に水が入らないようにするコツは?
クロールを取り組むにあたり、一番苦労するのが息継ぎです。クロールは息継ぎの際に鼻に水が入りやすい泳ぎ方でもあります。鼻に水が入ると苦しいだけでなく、テンションも下がってしまいます。今回は息継ぎの際に鼻に水が入らないコツをお伝えいたします。
足が沈む人必見!足が沈まないクロールの方法
運動不足の解消やダイエットで水泳に取り組む方も多いと思います。そこでカロリー消費の高いクロールに挑むも、足が沈んでなかなか進めない方も多いのではないでしょうか。今回は足が沈まないクロールの仕方をお教えいたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ