クロールのキックが進まない原因とは?

クロールのキックが進まない原因とは?

クロールのキックが進まない原因とは?

クロールで欠かせない動作の一つが「キック」です。しかし、このキックはきちんとしたやり方をしないと前に進みません。今回はキックをしても前に進まない原因とその対策をお話いたします。

1.キックをしても進まない原因とは?

原因は複数あります。まず一つ目は足を曲げすぎていることです。ひざや足首を曲げすぎると水の抵抗を大きく受けるため、身体全体が沈んでしまいます。そのため、スピードが遅くなってしまいます。

 

もう一つの原因は力を入れすぎていることです。力を入れすぎるあまり足の動きが小さくなり、逆に進まなくなります。

 

2.水しぶきを意識する

キックがうまくいっていない人は水しぶきだけが大きいことがあります。前に進まないストレスのあまり力が入りすげてしまい、逆に水の抵抗を生んでいるケースがあります。水しぶきが大きくなったと感じたら、無理に力をいれないようにしましょう。

 

3.正しいクロールのキックとは?

ひざから下を無理に曲げないこと。ひざと足首は伸ばした状態にして、足の付け根から太ももを動かします。特に足首から先は「しならす」という感覚を持つと良いでしょう。

 

いかがでしたか。キックは力を入れすぎず、柔らかく美しいキックにしようと心がけることが大切です。

クロールで長距離泳ぐには

クロールは非常に早く泳ぐことができる泳ぎ方ですが、その分運動量が多いので、初心者からすると長距離を泳ぐことが難しいイメージがあるかもしれません。しかし、少しコツを掴むとどの泳ぎ方よりも早く長く泳ぐことができるんですよ。

まずは身体が浮くようにする

沈んでいる時よりも浮いている時のほうが水の抵抗も少なく、息継ぎも楽にできるため疲れずに泳ぎ続けることができます。まず、うつ伏せになって水に浮く練習をしましょう。この練習を泳ぐ前に行うだけで、身体が浮きやすい状態を覚えてくれるのでとても泳ぎやすくなるはずです。

キック

それができたらキックの練習です。キックは長距離を泳ぐつもりであれば、最初のうちは下半身が沈まないようにする程度で十分です。身体の厚み程度に脚の根本から動かすようにしましょう。疲れないようにキックをすることは長距離を泳ぐ上で非常に大切です。

プル

キックは上級者のクロールの推進力のわずか1割り程度と言われています。つまり、推進力の多くはこの水を腕で掻くプルによるものなのです。プル腕で水をまっすぐ後ろに押すイメージで水を掻くようにすると楽に進めるようになるだけでなく、息継ぎのタイミングも安定してくるはずです。

 

これらは最低限ですが、長距離のクロールに苦手意識のある方はこの3点を意識するようにすることから始めてみるといいでしょう。他にも息継ぎやリカバリーが苦手という方も、まずはそれらに無駄な力が入っていないか、自分のフォームを再確認すると改善する場合もありますよ。
<スポンサーリンク>

関連ページ

クロールで25m泳げない方へのアドバイス
クロールは体力の消耗が激しいため、25m泳げない方もいらっしゃいます。今回はクロールで25m泳ぎきる方法をお伝えいたします。
クロールで耳に水が入る原因は?
クロールは息継ぎの過程で顔を横に動かすことが多い種目です。その際に水が耳に入るというトラブルを経験された方もいらっしゃるかと思います。今回はクロールで耳に水が入らないようにするにはどうすべきかをご紹介いたします。
クロールで首が痛くなるのはなぜ?
クロールで泳いでいるとき、首が痛くなるという経験をされた方は多いのではないでしょうか。今回は首が痛くなる原因とその改善方法をご紹介いたします。
クロールの息継ぎで鼻に水が入らないようにするコツは?
クロールを取り組むにあたり、一番苦労するのが息継ぎです。クロールは息継ぎの際に鼻に水が入りやすい泳ぎ方でもあります。鼻に水が入ると苦しいだけでなく、テンションも下がってしまいます。今回は息継ぎの際に鼻に水が入らないコツをお伝えいたします。
クロールの苦しい息継ぎを解消したい
水泳に取り組んでいる方はクロールを主な泳ぎ方の手段にされていると思います。しかし、クロールは息継ぎがしづらいと経験された方も多いのではないでしょうか。息継ぎにより苦しくなる原因はどこにあるのか、お伝えいたします。
足が沈む人必見!足が沈まないクロールの方法
運動不足の解消やダイエットで水泳に取り組む方も多いと思います。そこでカロリー消費の高いクロールに挑むも、足が沈んでなかなか進めない方も多いのではないでしょうか。今回は足が沈まないクロールの仕方をお教えいたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ