プール,ダイエット,効果

ベビースイミングのメリット

ベビースイミングのメリット

赤ちゃんに習わせるベビースイミングが流行っていますね。果たしてどんな効果が期待できるのでしょうか。

 

ベビースイミングのメリット

▼赤ちゃんのうちから水に対する恐怖心をとりのぞくことができる。

 

 

▼お風呂でもぐずらなくなり、体洗いがスムーズ。

 

 

▼昼間に全身運動をさせることで、昼に活動し夜眠るという人間本来の生活メカニズムを植え付けることができる。寝かしつけるのが楽になったという声が多いようだ。

 

 

▼親も一緒に入るので、育児で疲れた親のリラックス効果も期待できる。

 

 

▼親と子のスキンシップになる。幼児期にどれだけスキンシップをしたかで子供の性格も変わってくる。親とスキンシップが多かった子ほど素直な子供が多い。

 

 

▼親にとっては同じ年頃の赤ちゃんを育てている親御さんと知り合うことができるきっかけにもなる。

 

 

ベビースイミングのデメリット

▼塩素で消毒されているとはいえ、雑菌が口や肌から体内に入ってしまう可能性がある。

 

 

▼結膜炎や肌荒れは赤ちゃんに限らずプールで少なからず起こる感染症である。

 

 

▼赤ちゃんが水を飲むようなことは避けること。命にかかわるようなことは滅多にないが決して衛生的とはいえないことは忘れてはならない。

ヘルパーの使い方

小さいお子さんに水泳を指導する上で非常に有効であるとされているヘルパーですが、その使い方はそれほど広く知られていないのが実情です。そこで、今回は水泳指導に使えるヘルパーの種類や使い方について紹介していきます。

アームヘルパー

ヘルパーと聞いて多くの方が想像するのはこの腕につけるタイプのヘルパーではないでしょうか。両腕につけることによって、小さいこどもであっても推進の深いプールで直立の状態をキープすることができるため、水を怖がる子供が泳げるようになるために使用されるケースが多いです。

カラーヘルパー

カラーヘルパーは骨盤など、身体の重い部分に取り付けることによって、重心を浮かせてくれる働きをするヘルパーです。小さいこどもは特に泳ごうとすると下半身から沈んでいってしまうため、身体を浮かせながら感覚を覚えるのに非常に有効です。

ジェットヘルパー

こちらは背中につけるタイプのヘルパーで、ビート板と併用することでスピード感のある泳ぎを習得するのに役に立ちます。水の抵抗が少なくなるように設計されているため、小さい力でも前に進みやすくなっています。

 

ヘルパーを使用しての指導を検討しているようであれば、このように用途毎に違った種類のヘルパーがあり、泳ぎを覚える段階毎であったり、年齢によって使用するヘルパーを選択するのが望ましいと言えるでしょう。正しい使用方法で用いれば無理なく子供の水泳の成長を施すために、非常に有効です。
<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳は子供の育成に効果絶大!
水泳を子供のうちから習わせることは大きなメリットがあります。具体的にどのような効果・効能があるのかをまとめました。
スイミングスクール通わせるなら何歳から?
スイミングは子供の丈夫な体つくりの為にとても素晴らしい習い事だと思います。ですがこれって何歳から習わせるのがベストなのでしょうか。
スイミングスクールのコーチが怖い!と行きたがらない時の対処法
スイミングスクールには色々なコーチがいますが、中には指導方法が凄く厳しいコーチもいます。子供はやっぱり厳しい指導なんて嫌ですから、そんなコーチにあたるとやめたがる子もいます。
幼児スイミングのメリット
幼児のうちからスイミングを習わせるのは様々なメリットがあります。
子供が水を怖がる時の対処法
幼稚園くらいの子供はまだ水嫌いでお風呂に1人で入るのもままならないというケースもあると思います。今回は水を怖がる子が水を克服できる方法を紹介しています。
水泳を習っている子供は頭が良くなる?
オーストラリアのグリフィス大学の研究によれば、小さい頃から水泳を習っている子は、習っていない子よりも学習のスピードが速くなるという結果がでたそうです。
水泳指導を幼児期から受けて水慣れできる?
幼児期から水泳指導を受けてかえって水を怖がるようになるのではと思われる親御さんもいるようです。
習い事させるならスイミングとサッカーどちらがいい?
スイミングとサッカーどちらも人気の習い事ですが、経済的な事情もあってどちらかしか習わせられないケースも多いでしょう。
子供に水泳を習わせるデメリットとは?
水泳はその効果効能だけが注目されますが、一応デメリットといわれるものも存在します。

ホーム RSS購読 サイトマップ