プール,ダイエット,効果

習い事させるならスイミングとサッカーどちらがいい?

習い事させるならスイミングとサッカーどちらがいい?

スイミングとサッカーどちらも人気の習い事ですが、経済的な事情もあってどちらかしか習わせられないケースも多いでしょう。

 

スイミングとサッカーどちらを習わせるべき?

▼結論から先に言ってしまえば「子供の自主性に任せる」のが一番良いだろう。サッカー―がやりたいといえばサッカーをやらせればいいし、スイミングをやりたいといえばスイミングをやらせるほうがいいのではないだろうか。

 

 

▼サッカーにもスイミングにもどちらにも良いところがある。スイミングの良いところはこのサイトで散々述べているので、サッカーの良いところについて書いていくと、
・協調性が生まれる
・人とのコミュニケーションが得意になる
・ボールがあれば練習できる
・瞬時の判断能力が養える

 

 

▼ただサッカーというのは逆にいえばコミュニケーションが欠かせないスポーツであり、苦手意識のある子供に無理にやらせたとしても挫折する恐れもある。

 

 

▼試合や合宿などもあり、親のサポートが以外と大変なのがサッカーの習い事である。

 

 

▼子供がサッカーに対して抵抗があるようなら、まずはスイミングで体力をつけさせて、それからサッカーに挑戦というのもいいかもしれない。

 

 

▼基本的にサッカーというのはそれなりに自分で考える力が付き始める小学校の低学年くらいからが良いかもしれない。

<スポンサーリンク>

関連ページ

水泳は子供の育成に効果絶大!
水泳を子供のうちから習わせることは大きなメリットがあります。具体的にどのような効果・効能があるのかをまとめました。
スイミングスクール通わせるなら何歳から?
スイミングは子供の丈夫な体つくりの為にとても素晴らしい習い事だと思います。ですがこれって何歳から習わせるのがベストなのでしょうか。
スイミングスクールのコーチが怖い!と行きたがらない時の対処法
スイミングスクールには色々なコーチがいますが、中には指導方法が凄く厳しいコーチもいます。子供はやっぱり厳しい指導なんて嫌ですから、そんなコーチにあたるとやめたがる子もいます。
幼児スイミングのメリット
幼児のうちからスイミングを習わせるのは様々なメリットがあります。
ベビースイミングのメリット
赤ちゃんに習わせるベビースイミングが流行っていますね。果たしてどんな効果が期待できるのでしょうか。
子供が水を怖がる時の対処法
幼稚園くらいの子供はまだ水嫌いでお風呂に1人で入るのもままならないというケースもあると思います。今回は水を怖がる子が水を克服できる方法を紹介しています。
水泳を習っている子供は頭が良くなる?
オーストラリアのグリフィス大学の研究によれば、小さい頃から水泳を習っている子は、習っていない子よりも学習のスピードが速くなるという結果がでたそうです。
水泳指導を幼児期から受けて水慣れできる?
幼児期から水泳指導を受けてかえって水を怖がるようになるのではと思われる親御さんもいるようです。
子供に水泳を習わせるデメリットとは?
水泳はその効果効能だけが注目されますが、一応デメリットといわれるものも存在します。

ホーム RSS購読 サイトマップ