プール,ダイエット,効果

子供を水泳教室に通わせるメリットとは

子供を水泳教室に通わせるメリットとは

子供・幼児・赤ちゃんを水泳教室を習わせてあげるメリットについて解説しています。

子供を水泳教室に通わせるメリットとは記事一覧

水泳は子供の育成に効果絶大!

水泳を子供のうちから習わせることは大きなメリットがあります。具体的にどのような効果・効能があるのかをまとめました。水泳はうつにも効果がある?▼スイミングというのは全身運動なので、バランスのとれた体つくりが可能となる。▼プールでの息つぎなどのテクニックは心肺機能を向上させて、ぜんそくなどになりにくくな...

≫続きを読む

 

スイミングスクール通わせるなら何歳から?

スイミングは子供の丈夫な体つくりの為にとても素晴らしい習い事だと思います。ですがこれって何歳から習わせるのがベストなのでしょうか。水泳は何歳から習わせるべきか▼スイミングに関してはできるだけ早いほうがいいが、何も幼稚園児のうちから無理して習わせることもない。幼稚園時代は自宅のビニールプールなどで水に...

≫続きを読む

 

スイミングスクールのコーチが怖い!と行きたがらない時の対処法

スイミングスクールには色々なコーチがいますが、中には指導方法が凄く厳しいコーチもいます。子供はやっぱり厳しい指導なんて嫌ですから、そんなコーチにあたるとやめたがる子もいます。嫌がるのを続けさせるべきか子供が嫌がるのにやらせ続けることには、賛否両論があると思います。何か一つのことをやり続けることに意味...

≫続きを読む

 

幼児スイミングのメリット

幼児のうちからスイミングを習わせるのは様々なメリットがあります。幼児に水泳を習わせるメリット▼幼児期のうちからスイミングに通わせておけば、小学校入学してからの水泳の授業で足踏みをしなくて済む。▼早期から水に対する抵抗感をなくすことができる。▼全身運動で体の筋肉の発達を促進させるので、怪我をしにくい丈...

≫続きを読む

 

ベビースイミングのメリット

赤ちゃんに習わせるベビースイミングが流行っていますね。果たしてどんな効果が期待できるのでしょうか。ベビースイミングのメリット▼赤ちゃんのうちから水に対する恐怖心をとりのぞくことができる。▼お風呂でもぐずらなくなり、体洗いがスムーズ。▼昼間に全身運動をさせることで、昼に活動し夜眠るという人間本来の生活...

≫続きを読む

 

子供が水を怖がる時の対処法

幼稚園くらいの子供はまだ水嫌いでお風呂に1人で入るのもままならないというケースもあると思います。今回は水を怖がる子が水を克服できる方法を紹介しています。無理をさせないこと▼水を怖がる場合その克服法としては無理をさせずにゆっくりと、というのが正解である。▼洗面器に顔をつけるのも恐がる子を無理やり克服さ...

≫続きを読む

 

水泳を習っている子供は頭が良くなる?

オーストラリアのグリフィス大学の研究によれば、小さい頃から水泳を習っている子は、習っていない子よりも学習のスピードが速くなるという結果がでたそうです。スイミングで頭が良くなるって本当?▼統計はオーストラリア、ニュージーランド、アメリカの5歳以下の子供7000人以上を対象に3年のスパンをかけてデータを...

≫続きを読む

 

水泳指導を幼児期から受けて水慣れできる?

幼児期から水泳指導を受けてかえって水を怖がるようになるのではと思われる親御さんもいるようです。幼児への水泳指導の方法〜水慣れは段階を踏もう〜▼水慣れは大切。学校の授業などでは申し訳程度に水泳の授業をやるがあれできちんと泳げるようになる人はほとんどいない。泳げない人はほとんど泳げないまま授業を終えるこ...

≫続きを読む

 

習い事させるならスイミングとサッカーどちらがいい?

スイミングとサッカーどちらも人気の習い事ですが、経済的な事情もあってどちらかしか習わせられないケースも多いでしょう。スイミングとサッカーどちらを習わせるべき?▼結論から先に言ってしまえば「子供の自主性に任せる」のが一番良いだろう。サッカー―がやりたいといえばサッカーをやらせればいいし、スイミングをや...

≫続きを読む

 

子供に水泳を習わせるデメリットとは?

水泳はその効果効能だけが注目されますが、一応デメリットといわれるものも存在します。水泳のデメリットは?水泳ダイエットでも異常がでたらやめるべし▼スイミングスクールのプールには殺菌処理のために塩素が入っている。この塩素が子供によっては肌の炎症に繋がったり、元々の皮膚病を悪化させたりする。これは大人に関...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ